カードリスト / 第3弾 / 群雄 / 盧氏(賢狼の導き)


武将名ろし漢中の賢狼
盧氏「わっちが生きている限り、
 米が腐ったりすることはありんせん」

五斗米道で漢中を支配した張魯の母。長い年月を生きたが、その姿は美しい少女のようだったという。五斗米道の影響力を強めるため、益州で半独立体制を築いた劉焉に接近して協力体制を築くなど、計算高い人物だった。
コスト1.0
兵種騎兵
能力武力1 知力6 征圧力1
官職-
特技伏兵 魅力
将器知力上昇
計略賢狼の導き群雄の味方の武力と知力が上がる
必要士気5
Illustration : 文倉十


電撃文庫とのコラボカード。初出はVer.2.0.0Dの大戦スタンプ褒賞。
イラスト担当の小説「狼と香辛料」の主人公の1人・ホロが盧氏として参戦。
盧氏になったのは「術で若さを保っていた」「豊作を司る神」…と言う事なのだろう。あちらがキツネに対しこちらは狼とイヌ科繋がりでもある。

群雄では唯一となる魅力・伏兵を兼ね備えた1コスト武将。
対して武力は1しかない為、突撃があるとは言えまともな通常戦闘は期待できず、征圧1なので色塗り要員としても不適。
一方で将器は知力上昇+速度×3となっており、伏兵・計略・騎兵である自身とは非常によく噛み合っている。

計略は群雄の味方の武力+3、知力+4するもの。効果時間は約10c、知力将器有りは約12.5c。(Ver.2.0.1.B)
計略ムービーは知力上昇系計略と同じもの。
範囲は前方円で自身を範囲に含めない。コンボは難しいが、2度掛けも一応は可能。
成公英の持つ後方指揮の士気が重くなったかわりに知力上昇が増えた形。

士気が軽めで効果時間も長めだが、英傑号令と渡り合うにはさすがに力不足。
計略単体では武力上昇がやや物足りず、自身も範囲に含まない為、
コンボとして組み込むか群雄お得意の高武力武将と組むなりしてフォローしたいところ。

ただ、群雄勢力と言う観点から見ると、見事に不足を補う性能を持つ事には間違いない。
何より1コストで号令を仕込める為、デッキの幅自体が非常に広いのも評価点。
その為か、追加から1か月で群雄使用率上位に乗り込んでいる。

登場バージョン

Ver.2.0.0D (第十二回大戦スタンプキャンペーン)
Ver.2.1.0B (龍玉商店)