カードリスト / 第3弾 / / 辛評


武将名しんぴょう ちゅうじ
辛評  仲治「そこの凡サーイ!
    私の策を聞きなサーイ!」

袁紹軍の幕僚。官渡の戦いでは速戦を唱えたという。審配とは折り合いが悪く、一時は失脚に追い込んだ。袁紹が後継者を指名せずに死去すると、郭図と共に長男の袁譚を支持し、曹操との交渉にあたったが、袁譚に内通を疑われ憤死した。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力2 知力6 征圧力2
官職文官
特技-
将器知力上昇 長槍術 速度上昇
計略称誉の攻策最も武力の高い漢の味方の武力が上がり、強制的に前進する。さらに対象が攻城すると自軍の士気が上がる
必要士気4
Illustration : あなQCharacter Voice : 菅沼久義


袁紹軍から辛評が復活参戦。何故かサングラスをかけた、何とも珍妙な風貌の男である。

スペックは2/6/2と1コストとしては良好なスペックだが無特技がネック。
このスペックの持ち主は大体特技持ちであり、物足りないと言えば物足りない。
計略は知力上昇が最有力か。

計略「称誉の攻策」は投げ計略で、最も武力が高い漢の味方の武力+4される代わりに強制前進してしまう。
そして攻城する度に自軍の士気が1.5上がる。
計略時間 7.5c 知力将器時8.8c

他の称誉系計略は基本的に敵の撃破で士気が増えるものが多いのだが、この計略は攻城が条件のため、敵の撃破よりも条件は厳しめ。
計略効果自体も士気4で武力+4は強化戦法レベルであり、加えて強制前進という効果までついてきてしまう。
この計略がかかった上で攻城を成功させるのは状況を選び、どうしても安定感に欠けてしまう点は留意すべし。

特攻戦法のように攻城力が上がるわけではないので、高コスト槍などに掛けて擬似攻城兵にするような運用は出来ないが、重ね掛けをする事で攻城時の士気上昇値が上がるため、一度ハマってしまえば攻城→計略使用→攻城→計略使用で超武力の攻城部隊を生み出す事が出来る。
攻城することでようやく活きる計略である為、お膳立てはしっかりと。

士気バックのトリガーが「攻城する」なので、迅速攻城の将器持ち武将と相性が良い。
以前はUC武安国、UC陳登など漢鳴武将にしか迅速攻城持ちが存在しなかったが、カード追加によりUC高覧、SR劉氏など、袁家側武将にも迅速攻城持ちが登場したことは追い風ではある。

強制前進効果は基本的にデメリットであるが、味方の行動を強制的に変更できる希少な計略とも言える。
袁兄弟の「袁家の乱」は追加効果発動時にランダム移動となってしまうが、その後に「称誉の攻策」をかけることで武力22の部隊を強制前進させることが可能となる。
これはあくまで一例だが、今後強制前進させることにメリットが生まれるカードが追加された場合、辛評が日の目を見る機会が増えるかもしれない。

登場バージョン

Ver.2.0.0A

Menu

最新の20件

2020-02-17 2020-02-16 2020-02-15

今日の20件

  • counter: 21768
  • today: 6
  • yesterday: 11
  • online: 66