カードリスト / 第3弾 / / 蒋義渠


武将名しょうぎきょ
蒋義渠「生き残った兵たちよ!
  この旗のもとに集うのだ!」

袁紹に仕えた武将。官渡の戦いで敗北した袁紹と800余りの敗残兵を自陣に迎え入れ、鼓舞激励した。この噂を聞いた敗残兵は蒋義渠の陣に集結していったという。その他の兵は偽って曹操に降伏したが、穴埋めにされてしまった。
コスト1.5
兵種攻城兵
能力武力4 知力8 征圧力0
官職武官
特技伏兵
将器兵力上昇 征圧力上昇 迅速攻城
計略大河氾濫敵に水によるダメージを与える。ダメージは互いの知力で上下する。この計略は自軍の士気が多いほど範囲が広がる
必要士気6
Illustration : 木下勇樹Character Voice : 江越彬紀


三国志大戦2以来実に久々の登場となる袁家の忠臣。
紫勢力・攻城兵・計略の大河氾濫などは過去の自分と同じである。

漢では新シリーズ初の攻城兵。かつ全攻城兵でも初となる将器征圧力上昇&迅速攻城持ち。
(自前で征圧1の攻城兵は居たが、将器征圧は初)

1.5コストの攻城兵であるため壁に張り付いたときのダメージでさえ槍の城門攻城より遥かに大きい。
さらに迅速将器では通常より速い間隔で攻城できるので、城に張り付いた時のプレッシャーは絶大な事この上ない。
さらに伏兵を使ったステルス攻城も可能で、征圧力上昇将器を選べば足元を自領に塗り替えつつ攻城兵らしからぬ速度で動けるなど、
後述の計略内容ともあわせ、まさに可能性の塊のような存在である。
ただ、ほぼ非戦闘員でありながらコストが1.5と高い事と、文官のような見た目を裏切りしっかり一騎討ちを起こすのが悩みの種。
1コストであったらもっと出番もあったと思われるのだが、その場合決定力が低下するので一長一短だろう。

計略「大河氾濫」は水計の一種。
通常の水計とは違い士気6である為威力は若干低めだが、特筆すべきは士気と共に広がる範囲。
士気6の効果範囲は驚くほど狭いが、士気が1貯まるごとに範囲が広がり、士気8で並の水計程度になる。
士気12貯まろうものなら、ほぼマップ半分が計略範囲内となる。但し、強化されるのは範囲だけで威力はそのまま。
また、水計なのでどれだけ範囲が広がろうと自身の目の前が計略範囲外である。
これは時期が来るまで守勢という漢や攻城兵と言う兵種にマッチしておらず、自身が城に取り付いた後、攻城妨害に来た相手を流す事は難しい。
なお、士気6計略なので2連発も可能であるが、お察しの通り士気6使用後なので2発目の範囲は激狭である。

攻城兵全般に言えることだが、癖が強く使いにくい武将である事は間違いない。
だが、漢はラインを上げ切った状態での漢鳴3計略や士気12計略は「スルー以外どうしようもない」状況を相手に強いる事が出来る勢力のため、
そこに1.5コストの攻城兵がいれば一撃落城も可能だと言う事に他ならない。特に前述したように壁1発だけでも内乱数回程度の城ダメージはひっくり返せるため、
城門特攻というロマンを見なくても、最後の一押しに向く攻城兵と言う兵種だけを見ての採用も考えられなくはないだろう。
士気12からの水計牽制でラインを押し上げ、そのまま漢鳴大号令や覇道大号令に繋いでゴールインという他の勢力にはできないロマンを有していると言えよう。
問題は後半まで守勢になり易い漢軍において、伏兵があるとはいえ守城にほとんど向かない攻城兵をどう活かすかと言う事だが。

ダメージの目安(Ver.2.1.0D)

敵の知力12345678910
ダメージ26814810888766862.35854.752


登場バージョン

Ver.2.1.0A

修正履歴

Ver.2.1.0D ダメージ増加