カードリスト / 第2弾 / / 孫乾


武将名そんけん こうゆう
孫乾 公祐「ほほ、危ない危ない。
  早く届けてしまいましょうぞ」

劉備が徐州刺史となった時からの腹心。劉備が曹操に反旗を翻した際は、袁紹の下へ同盟の使者として派遣されるなど外交官としての手腕を大いに発揮した。後に秉忠将軍まで昇進し、同じく縁の下の力持ちである簡雍と同等の待遇を受けた。
コスト1.0
兵種歩兵
能力武力2 知力8 征圧力1
官職文官
特技-
将器復活減少 征圧力上昇 同盟者
計略時限式大爆発ため計略】(使用すると移動できなくなり、一定時間後に解除され計略が発動する。この計略は反計されない)敵に炎によるダメージを与える。ダメージは互いの知力で上下する。ただし自身は撤退する
必要士気5
Illustration : 池田宗隆


流浪時代の劉備を、特に外交面で支えた古参の一人が実に「1」以来の復活参戦。
どうした事か竹管型のダイナマイトを片手に掲げ、竹管型の大型ダイナマイトを2本背負い、竹管型の腹マイトを身に着けた爆弾勇士に。
「ほほ、危ない危ない(爆発しそうで)。早く届けてしまいましょうぞ(自爆)」という
あまりにも個性的なキャラ付けだが、当然ながら史実にそんなエピソードはなく、計略に引っ張られまくった結果と思われる。
なお、念のために言及するがイラストの得物はすべて書物であり、決して火薬は詰め込まれていない……はず。

スペックは知力こそ高めだが無特技で征圧1の歩兵と、戦力としては期待しづらい。
後述の計略目的で採用することになるだろう。

計略「時限式大爆発」は蜀では珍しい火計の一種。ぶっちゃければため計略版「自爆」。
計略カテゴリーも読んで字のごとく「自爆 -EXPLODE-」。
約2cのため時間の後に発動、範囲は劉備の大徳並みを超える広さで、威力は知力2が確殺できる。(Ver.2.0.0D)
当然ながら、溜め中に範囲外に逃げられればダメージを与えられないまま士気5と1コストを捨てたも同然なので
必然的に相手が逃げられない状況or逃げられても困らない状況で使うことになる。
その効果範囲なのだが、中央に立てば互いの城門まで範囲に入る程馬鹿でかい円形である
安全領域が城の端っこしかない位の超範囲だが、そもそも武力2の歩兵を戦場のど真ん中に置いておく必要があるかは疑問。

代表的なのは自城防衛時で、相手が逃げれば攻城が中断されるため防衛という目的を果たす事が出来る。
他にはこちらの攻城中に使用して、攻城妨害をする敵部隊をけん制する場合などにも使える。
同等の待遇を受けた簡雍と共に使用し、攻城妨害をして爆破されるか、驚異的な城ダメージかの二択を迫るのも強力。

しかし実際はそこまで上手くいくことは稀。
溜め中に落とされる、知力上昇や増援でダメージを凌がれる、逃げられて自爆した後に追い撃ちを掛けられるなど
十分な結果を出せないこともしばしば。

決まりさえすれば士気比の威力・範囲は破格なので、プレッシャーは非常に高い。
ただ本人のスペックもスペックなので、基本的にはロマン計略と言って間違いないだろう。
公式も分かっているのか、上方修正で範囲がどんどん広くなる始末。いずれ範囲がはみ出る時もあるかもしれない…。