カードリスト / 第2弾 / / 呂範


武将名りょはん しこう
呂範 子衡「ククク・・・・・・焦って飛び出さぬよう。
    彼を除くのは、もう少し先です」

孫策が信頼を寄せた側近。孫策が若い頃から仕えて、孫家の勢力拡大に貢献した。孫策亡き後は、周瑜らと共に孫権を補佐。劉備と孫尚香の婚礼の際には、劉備を留め置き暗殺を進言するなど、油断ならない人物であった。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力2 知力7 征圧力1
官職文官
特技-
将器兵力上昇 遠弓術 突破術
計略火計敵に炎によるダメージを与える。ダメージは互いの知力で上下する
必要士気7
Illustration : GheCharacter Voice : 武内駿輔


周瑜らと共に孫策の快進撃を支え、その後も孫呉に尽力し重用された気鋭が遅めの帰還。
カード的には表裏から運用方法までひっくるめて完全に謀略家そのもののイメージ。

初登場時は1/8/2伏兵持ちと、コスト1の武将として必要な要素を詰め込んだ強カードだった。
が、暴れ過ぎた結果Ver.2.5.0Cで武力+1・知力-1・征圧力-1・伏兵没収と言う
根幹を揺るがすレベルの大エラッタが行われてしまった。
弓を持った吾粲…と言うべきなのだが、スペックだけなら諸葛瑾・袁姫(激励)・孫峻・弓周姫の完全劣化である
将器はどれも使いにくい。持たせる必要はないだろう。

計略は「火計」。
Ver.2.5.0Cの現状ではスペックで採用すると上位互換が多すぎる為、
どうしても1コスト弓で火計が欲しい場合の採用になるだろう。

エラッタ前はコスト1にあるまじき汎用性を誇っており、初心者から上級者まで幅広くお勧めできる1枚だった。
その汎用性の高さから、呂範の登場以降3度も火計が弱体化しており、他の火計持ちを巻き込む結果になっている。
威力も範囲も全盛期の影は最早なく、Ver.2.1.0Cにおける3度目の弱体化で、遂に確殺範囲が知力2に落ちてしまった。
更にエラッタで知力が下がった為、呂範本人が使う火計自体も弱体化した。

ダメージの目安(Ver.2.5.0C)

相手知力12345678910
ダメージ225123.589.772.862.655.85147.444.642.3


登場バージョン

Ver.1.2.0A

修正履歴

Ver.1.2.0D 範囲縮小
       ダメージ減少
Ver.2.1.0A 範囲縮小
Ver.2.1.0C ダメージ減少
Ver.2.5.0C エラッタ実施「武力1→2、知力8→7、征圧力2→1、特技変更 伏兵削除」