カードリスト / 第2弾 / / 陸遜(夷陵の炎)


武将名りくそん はくげん次代の偉才
陸遜 伯言「孫呉のため、僕を信じてください。
   必ず成し遂げてみせますから」

呉に仕えた文武兼備の若き名軍師。劉備が関羽の敵討ちとして攻めてきた夷陵の戦いにおいて、大都督に任じられた陸遜は、劉備軍の陣を一斉に焼き払い、徹底的に蹴散らした。この活躍で諸将は陸遜の智謀を認めることとなった
コスト2.5
兵種槍兵
能力武力8 知力8 征圧力3
官職武官
特技-
将器攻撃力上昇 士気上昇 攻城術
計略夷陵の炎敵に炎によるダメージを与え、征圧する領域を反転させる。ダメージは互いの知力で上下する
必要士気7
Illustration : Wolfina


二枚目の陸遜も槍兵として登場。
フレーバーテキストは若き名軍師と紹介されているが、夷陵の戦いの時点ではもう40歳前後。
しかも人間の平均寿命が50歳の時代で、である。

スペックは無特技、数値もコスト比平均的なのだが征圧力3を備え、将器も高コスト槍に嬉しい攻撃力上昇と攻城術がある。
このコスト帯にはやや知力に難を抱えるカードしかいなかったのでスペック要員としての採用ができるカードは嬉しいが
攻城に向いたスペックは後述の計略と噛み合っている要素が少ないので、これをいいスペックというのかはやや好みが分かれそうである。

計略の夷陵の炎は、知力依存のダメージ計略
範囲は自身に密着した前方固定長方形で縦は戦場の約1/3、横はちょうど戦場の半分程度の長さで回転可能。
そしてこの計略を食らい生存した相手に翻意の計と同じ征圧反転効果を与える。
ダメージの確殺ラインは知力3で、知力8が使う普通の火計よりは強力と言える程度。
妨害効果は知力依存が低く、大体10c程度(Ver2.1.0A)。
ちなみにダメージも知力依存が低く、命がけの推挙を使っても確殺ラインは3である。

広い範囲に加え水計のように自身の間に隙間もないので多くの部隊を巻き込みやすい。
特に号令は範囲が並のものなら発動の瞬間を狙って打っていける。
だが火計に比べ、縦にあまり長くないので、城際で一列に縦に伸びた部隊の対処は苦手。

ダメージ後に妨害がついているため、生存してもらうことも意味があるのだが、
やはりダメージがやや寂しいものはある。
Ver1.1.0Aで征圧システムが変更され、一度内乱が起きると征圧が一度リセットされることもあり
生存させた部隊を帰城させ征圧してもらい継続しない内乱ダメージを取るのは士気7の仕事なのかは疑問が残る。
効果範囲が広く範囲の回転も可能なので、多くの部隊を巻き込む力はトップクラスではあるのだが、
範囲や反転効果自体は優秀なので、他の火計持ちのように裏の手にしてしまうのが無難だろう。

また、やはり呉と言うお国柄で特技すらない重コスト槍である点は痛い。
攻城術持ちの槍にしても0.5コスト下に主力筆頭の周泰がいるのが厳しいか。
また一見息子である陸抗と相性がよさそうに見えるが、「駿弓の共振」の上限の都合上主力の2コスが採用しにくくなる。
採用するのであれば、2.5コストを彼で割く価値があるかよく考える必要があるだろう。

とは言え、Ver.1.2.0で張承が追加された点は、特技を持たない彼にとってはやや追い風か。
但しダメージ計略となると無特技には朱然や吾粲がいる事、同じコストに甘寧がいる事は留意する必要がある。

これだけ効果範囲の広い、複数巻き込めるダメージ計略も珍しいので知力低下系の計略と組むのも面白いか。
但しほぼフルコンになってしまう為、使用するなら一撃必殺を心掛ける事。

登場バージョン

Ver.1.1.0A