カードリスト / 第2弾 / 群雄 / 張燕


武将名ちょうえん飛燕
張燕「捷きこと、燕の如く!
 飛燕に追いつけると思うなよ!」

山賊の頭領。黄巾の乱に呼応し、黒山賊と呼ばれる100万の賊を率いて河北を荒らした。乱が平定されると討伐される前に官軍に帰順し、反董卓連合に参加。後は袁紹と争い、最終的には曹操に帰順、平北将軍に任命された。
コスト2.0
兵種歩兵
能力武力8 知力4 征圧力2
官職武官
特技勇猛 攻城
将器攻撃力上昇 兵力上昇 速度上昇
計略黒山賊の襲撃武力と攻城力が上がる。この効果は自軍の城ゲージが少ないほど大きい。一定以上武力が上がると、さらに移動速度が上がる
必要士気5
Illustration : 春乃壱Character Voice : 佐藤拓也


黒山族の頭領が「2」以来の復活。当時も歩兵だったが今回も歩兵。

スペックは8/4にして征圧力2・勇猛・攻城と歩兵だからこそ許された高スペック。当然刻印も無い。
将器はいずれも通常戦闘向け。どれを選んでも直接的な戦力の向上につながる。

計略「黒山賊の襲撃」は火事場効果のある武力と攻城力上昇の単体強化。
城ゲージ50%以下で速度上昇が付く。効果時間約7c。
城100%時点で+3、城が削られるほど武力が上がり最大で+10される。速度上昇はオーラ騎馬並で刺さるので注意。
攻城力は50%時点で計略使用で城門35%ほど。ミリ付近で使うと1.5コス攻城兵並の攻城力となる。

効果時間はさほど長くないので確定で城を殴れる場面で使うのがベターだが、城が削れているなら号令の押し込みとしても有効。
ただ、城ゲージ50%以下という条件は決して軽いものではない。計略の扱いはともかく立ち回りには十分注意すべし。

スペックは攻城向けで、歩兵に加えて特技攻城の恩恵は大きく素の壁殴りでも13%ほど城を削れる。
計略も併せて城の殴り合いとなった場面では一際輝く。
組み合わせとしては暴虐デッキと相性が良く、攻城機会が多いうえに火事場効果も発揮しやすい。
ただし、暴虐デッキでは後述の区星に出番を奪われがち。
その他では、歩兵限定号令を使う歩兵単デッキにおいて高スペック要員として使うことも考えられる。
武力型の歩兵は勢力問わず極端な低知力だったり征圧力が犠牲になっているものが多い。
そのなかで高い武力と征圧力に加え知力4を有する彼の安定感は頼もしいところ。

問題はいくら攻城力が高かろうがスペックが良かろうが2コストにして歩兵である事。
通常戦闘にはあまり期待できない兵種がコストを取ってしまう為、デッキの構成が割と歪になりがち。
かといって攻城特化要員としては、攻城兵である区星には及ばない。
将器が通常戦闘向けで攻城にからむものがなく、計略を使ってさえ区星の攻城力には届かない。
結果的には、戦闘要員としても攻城要員としても中途半端になってしまっていた。

しかしVer3.1で実用的な歩兵号令である黄夫張角が追加され状況が一変。
強力な武力に防御力・火力を付与し歩兵の弱点を補うことが可能なこの号令が追加されることによって
通常戦闘力の高さと攻城ダメージの大きさ、そして能力のバランスの良さを兼ね備える彼が有力候補として急浮上。
結果黄夫デッキのエースとして一躍、脚光を浴びることになった。

登場バージョン

Ver.1.1.0A

Menu

最新の20件

2021-05-19 2021-05-18 2021-05-17 2021-05-16 2021-05-15 2021-05-14

今日の20件

  • counter: 42909
  • today: 7
  • yesterday: 15
  • online: 60