カードリスト / 第2弾 / / 張バク


武将名ちょうばく もうたく動乱の義士
張邈 孟卓「・・・・・・すまん、オレはこの道を行く」

曹操、袁紹とは親友で、若い頃から慈悲深い人物であった。曹操とは、互いが死んだ時に家族の面倒を見る事を約束するほどに親睦が深く、反董卓連合結成の際にも力添えした。しかし、動乱の潮流には逆らえず、後に曹操と敵対することになる。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力5 知力5 征圧力2
官職武官
特技防柵
将器兵力上昇 知力上昇 突破術
計略一番槍武力が上がり、効果終了時に自軍の士気が上がる
必要士気3
Illustration : さいのすけCharacter Voice : 巴十一


乱世の数奇な運命に翻弄された彼も、第1弾の義勇ロードを経て参戦。

スペックはかなり地味。
一応必要最低限のスペックは備えているものの、あまりパッとしない性能。
このコスト帯では、袁家系武将で唯一の柵持ち槍(もう一人は霊帝)なので、差別化するならばこの点か。

計略「一番槍」は武力+3、計略終了後に生存していれば士気が2返ってくる。
実質士気1なので使いやすい計略ではあるが、単独使用ではたかだか武力8と2コストと互角に戦うのが精一杯であり、
兵種的に逃げ遅れて撤退しやすい槍の上、効果時間も約9cと地味に長く、撤退による士気損リスクがつきまとう。
使うならば自城近くで使うなど、あまり無理をさせない運用が求められる。

実質士気1で2コスト相当の強さになれると考えれば安いようだが、
1試合で使える総士気が決まっている以上、
あまり無駄使いも出来ないので、安易な乱発は禁物である。

持っている将器がこれまた本人の性能に輪をかけて地味。
特に知力上昇は計略使用時に士気が返ってくるタイミングがずれるため、プラス面とマイナス面を併せ持つ点に注意。
後述の老師の布石デッキで使うなら、なるべく長く敵陣に居座れる兵力上昇が比較的使いやすい。

第3弾で実装された田豊(布石)との相性は非常に良く、また老師の布石デッキのパーツとなる候補には騎馬が多いため、
槍の一番槍要員として小回りの利く彼は採用率も比較的高めである。
またこの場合Ver3で実装された高覧とは選択になる。こちらは柵を持ち知力・征圧で勝り、あちらは攻城を持ち武力で勝る。
計略の士気効率と回転率が良いのは高覧だが、張邈は計略その物の初期投資が安く使いやすいと、互いに一長一短である。

登場バージョン

Ver.1.1.0A

Menu

最新の20件

2020-01-21 2020-01-20 2020-01-19

今日の20件

  • counter: 23304
  • today: 11
  • yesterday: 13
  • online: 110