カードリスト / 第1弾 / / 曹植


武将名そうしょく しけん詩聖
曹植 子建「詩聖なんて他人の評価さ。
  僕は自由にやらせてもらうよ」

曹操の五男で、後に「詩聖」と称された文人。天才肌かつ奔放な性格で、戦場の空気を好んだという。兄・曹丕との後継者争いに敗れた際、曹丕の出した難題に対して兄弟が争う悲哀を見事に詩で表し「七歩の才」の語源となった。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力1 知力6 征圧力2
官職文官
特技防柵 魅力
将器遠弓術 防柵強化 守城術
計略詩聖の号令魏の味方の武力が上がり、計略範囲内が自軍の征圧領域になる。ただし自身は撤退する。
必要士気5
Illustration : 黒葉.KCharacter Voice : 石川界人


曹操の息子で、父や兄と並ぶ歴史に残る詩人。

武力1と火力に関しては無いに等しいが、代わりに知力6と征圧力2を備えている。
特技も2個所有しており、さすが曹操の息子というべきか。特に柵は魏に不足しがちなのでありがたい。
将器に関してもコスト1弓に求めるものとしてはいいものが揃っている。

計略「詩聖の号令」は1コストとしては珍しい号令。
範囲内の魏の味方の武力を+4し、その際の計略範囲を丸々自軍の征圧領域にしてしまうもの。
効果時間7.1c、知力依存0.4c(Ver.2.5.0A)

この効果範囲の塗り替えが強烈で効果範囲は劉備の大徳並みに広い自身中心円。
戦場中央で使えば劣勢からいきなり優勢に転じることもあるような範囲である。
即効性のある征圧領域変換は便利だが、曹植自身が撤退してしまうデメリットがある。

武力1とは言え手数が減るのは痛いが効果範囲が広く上昇値も士気相応。
メインにするには武力上昇が低く、他の号令とコンボにするには士気10以上を使う大型コンボになってしまうが、
魏には征圧力が下がるデメリット付きの強化が多いので、そのようなデッキでの征圧役としての働きも期待できる。
特に火力不足を補う悲哀の舞い、征圧力低下のある飛天の舞いなどは柵も調達できて無駄がない。
兄の曹丕の魏武の継承者はデメリットを補いつついざという時火力も出るが、
曹植が魏武の継承者の効果を最大に生かせず、爆発力のないデッキに低武力を2枚入れることになるので痛し痒し。
消費士気6以上の大型号令相手に真っ向からぶつかれる力はないので、サブの全体強化計略として考えた方が良いか。

コスト1の計略要員としては、特技・知力・手軽に攻城妨害できる弓兵種と、武力以外では完成されたステータスであり、
計略もコスト1としては非常に珍しい、裏の一手となり得る全体強化効果と独自性も十分にある。
自身撤退と相性の良い悲哀の舞いデッキを筆頭に、よく練られたデッキ構成ではコスト1とは思えぬ存在感を示せるだろう。

登場バージョン

Ver.1.0.0C

修正履歴

Ver.1.0.0D 効果時間延長 →7.5c
       範囲拡大
Ver.1.0.0F 武力上昇値増加 +3→+4
Ver.1.0.5A 範囲拡大
Ver.1.1.0C 範囲拡大
Ver.2.5.0A 効果時間短縮 7.5c→7.1c