カードリスト / 第1弾 / / 関羽


武将名かんう うんちょう鬼神
関羽 雲長「兄者の下へ帰るため 非情なる鬼神とならん……!」

劉備の義弟。劉備が曹操に敗れた際、劉備の所在が分かれば帰参することを条件に一時降伏する。曹操には厚遇されたが、白馬の戦いで顔良を切り義を果たすと別れを告げ「関羽千里行」を敢行。長旅の末、劉備との再会を果たした。
コスト3.0
兵種騎兵
能力武力9 知力6 征圧力3
官職武官
特技勇猛
将器突撃術 地の利 募兵
計略武の咆哮武力と移動速度が上がり、征圧力が下がる。さらに撃破した敵の周囲が自軍の征圧領域になる。
必要士気6
Illustration : 獅子猿


曹操の客将の頃の関羽。通常排出では魏唯一の3コスト武将である。
イラストレーターは旧作で蜀の関羽(EX)を手掛けた獅子猿氏であり、数少ない旧作と同じイラストレーターが手掛けた武将である。
もっとも、勢力は変わってしまったが。

スペックは蜀の自身程高くなく、知力-2に魅力・防柵没収となっているが、騎兵で征圧力3というのが強み。
あれよあれよという間に戦場を赤く塗りつぶしていける。
将器はどれも微妙。計略による殲滅力を重視するなら突撃術が無難か。
高コストではあるが、場合によっては味方に将器を譲る事も考えたい。

計略「武の咆哮」は魏では数少ない超絶強化。
武力が+8・移動速度が2倍になる代わりに征圧力が-2される。更に敵部隊を撃破すればその周辺6×5を塗りつぶす事が出来る。
効果時間は8.8c(Ver2.1.0B)と、超絶強化にしては長め。

せっかくの速度上昇計略なのに征圧力が低下するのは残念だが、敵を撃破さえすれば瞬時に塗り替えられる。
攻勢で便利なのはもちろん、押し込まれている状態などでは走り回る手間をかけずに素早く内乱を防ぎ攻勢に移れるので、
一気に相手を殲滅するというよりは、やや長めの効果時間と撃破時征圧で盤面を支配していく計略。
やや場面を選ぶ計略ともいえるので、この計略以外にも戦える計略(特に対号令対策)を仕込んでおいた方がデッキの対応力は上がるだろう。
自身がコスト3と重いが、少枚数デッキであれば曹操や張遼あたりを仕込むのも悪くない。

なお知力依存が1.3C(約3秒)と非常に高い。
その為知力を上げれば効果時間は大きく伸びる。知力10の時点で14.2Cと超絶強化の域を超える。
Ver1.2.0Eで追加された金郷公主は重い自身の撤退のフォローをしつつ知力も上げる為非常に相性が良い。
一方その分知力低下にはすこぶる弱く、知力0で使った場合は刹那計略もびっくりのたった1.2C(5秒)しか持たなくなる
…だったのだが、さすがに知力依存が強すぎると言う事なのかVer2.1.0Bで知力依存が0.8C(約2秒)まで下げられた。

稼働当初こそ3コストの割にスペック・計略・将器などの物足りなさから使用率は振るわなかったが、
計略・将器ともに上方修正が行われ続け、ワントップとして運用する事も容易になった。

義勇ロードではVer1.0.5B現在蜀伝で1話のみの出番で、それ以降すぐに蜀での自身に戻ってしまうという珍しい仕様である。
エピソードを埋めるのに蜀の自身と両方揃えなくてもある程度埋まるのはありがたいが、
折角赤兎馬を貰っても馬を降り、知力が上がってから関所破りを繰り返す暴挙に及ぶという色々おかしな状況になっている。

修正履歴

Ver.1.0.7B 武力上昇値減少 +6→+5
Ver.1.1.0B 敵撃破時の征圧領域拡大
Ver.1.1.0D 武力上昇値増加 +5→+6、敵撃破時の征圧領域拡大
Ver.1.2.0E 武力上昇値増加 +6→+7
Ver.2.0.0D 武力上昇値増加 +7→+8