カードリスト / 第1弾 / / 周倉


武将名しゅうそう
周倉「関羽の兄さんに
    死ぬまでついていくッス!」

元は黄巾賊。山賊になっていたが、憧れの関羽に頼み込み、仕えることを許された。赤兎馬に乗る関羽に走って従軍し、片時も傍を離れなかったという。樊城の戦いで水攻めが成功すると、得意の水軍と泳ぎで龐徳を捕獲したとされる。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力4 知力2 征圧力0
官職武官
特技勇猛
将器兵力上昇 復活減少 征圧力上昇
計略長槍戦法武力が上がり、槍が長くなる
必要士気3
Illustration : チェロキーCharacter Voice : 森久保祥太郎


武神の片腕が、コスト比最高スペックを持って参戦。ちなみに架空の人物である。

コスト1槍きっての武闘派。
4/2勇猛、計略も対騎馬に便利な長槍戦法という戦闘力は比類ないが、征圧力は0なので征圧がまったくできない。
ただし将器に征圧力上昇があるので、これを覚醒させる事で征圧にも活用できるようになる。

しかし、素の征圧力が0というのが特に痛く、蜀の豊富かつ優秀な1コスト槍の中では埋もれてしまっているのが現状。
武力を1落とす事で特技2つに計略コンボまで付いてくる関銀屏、征圧力2に優秀な将器を持つ孟達など、
征圧力を捨ててまで武力が求められないようなデッキでは選択肢から真っ先に外されてしまう。
更にはVer2.5.0Aにて同じ蜀に向寵が追加。知力では勝るものの、たったの1しか差がない上に、
こちらは同じく1コスト武力4の槍兵でありながら素で征圧力1を持ち合わせている。計略も汎用性の高い奮激戦法と、
将器を覚醒せずとも仕事が出来る点で、周倉の立ち位置を掻っ攫われてしまった。
同勢力内で1コスト武力4槍を2枚並べることが出来るようになったのは大きいが、周倉単体での採用はほぼ無いと見ていいだろう。

登場バージョン

Ver.1.0.0C