カードリスト / 第1弾 / 群雄 / 楊松


武将名ようしょう
楊松「天下なぞ知らん。
 ワシが得すれば良いのじゃ」

張魯の配下。金に汚い性格で、劉璋から援軍を乞われた際には、客将の馬超を援軍に向かわせた上で、劉備軍から賄賂を受け取り馬超を讒言する。曹操から侵攻を受けた際も、賄賂を受け取り内通したが、後に主を売った罪を問われ処刑された。
コスト1.0
兵種攻城兵
能力武力2 知力5 征圧力0
官職文官
特技伏兵
将器兵力上昇 知力上昇 復活減少
計略香車戦法移動速度が上がり、強制的に前進する
必要士気2
Illustration : ともひと


張魯の佞臣である通称「ダメ松」が、まさかの大戦初登場。

第1弾における数少ない伏兵持ち攻城兵。
知力は5なので伏兵自体は低知力へのプレッシャー程度にしか活きない。
一応将器の知力上昇をつけれは知力8伏兵になる。これならある程度実用範囲。
むしろ伏兵持ち攻城兵の脅威はステルス攻城でこそ活きる。放っておくといつの間にか城に辿りつかれて殴られる。

気になる1コス攻城兵の攻城力は、素武力将器無しで城壁5発で落城。他兵種に例えれば3コス槍の城門1発に相当する。
これをステルス攻城や計略による急襲ができるので、1コス攻城兵の中では抜群の城攻め能力を持つ。
このカードと対峙した時、場に見えていない状態では常に警戒する必要があり、1コスらしからぬプレッシャーを受ける羽目になる。
とは言え所詮武力2(内部武力1)なので処理はされやすい。過信は禁物。

計略「香車戦法」は移動速度のみ上がり香車の通り強制前進してしまうが、士気が2ととても安い。
移動速度は驚異の5倍。効果時間は7.1C(Ver1.2.0E)。
その速さたるや、攻城兵の性質である征圧領域による速度変化の影響をほぼ受けない、つまり速度が敵征圧領域下でも上限に到達している。
発動するや物凄い勢いで敵城まで突っ込んでいくが言うまでもなく迎撃対象なので無計画な使用は厳禁。
また伏兵状態のまま使用し奇襲をかけるという選択もある。但し計略を使うと伏兵は解除されるので、その点には注意。