カードリスト / 第1弾 / 群雄 / 張勲


武将名ちょうくん
張勲「ワシは大将軍!
   大将軍よぉおおお!」

袁術配下の大将軍。皇帝を僭称した袁術に従い、大群を率いて数多の群雄と戦った。しかし呂布との戦いでは味方に裏切られて大敗、曹操と劉備に攻められた際は、張勲以外の兵がすべて討ち取られるなど敗北続きであった。
コスト1.5
兵種攻城
能力武力6 知力4 征圧力0
官職武官
特技-
将器攻撃力上昇 兵力上昇 城門特攻
計略大将軍の大号令味方の攻城兵の武力と移動速度が上がる。
必要士気4
Illustration : 池田宗隆


旧シリーズでも攻城兵にまつわる計略を持っていた袁術軍の大将軍。
本作では自身も衝車を引き連れ高いテンションでやたら大将軍を誇示するようになった。撤退台詞、落城台詞は必聴。
スペック自体はコスト1.5としては優秀な部類だが、やはり攻城兵共通の征圧力0と戦闘力・移動力の無さが欠点。

大将軍の大号令攻城兵にしか効果が無い号令で武力上昇は+5。
移動速度は敵征圧領域上で通常の槍兵と同等程度で弓兵よりわずかに遅い。効果時間は約9c。(Ver.1.0.0F)
士気4の号令としては破格の効果を持つが、攻城兵にしか効果がない。
さすがに8コストを全て兵種アクションに対して無力な攻城兵にするわけにはいかないため、攻城兵は2〜3部隊というデッキが主流。

低士気で打てることもあり、開幕に増援や衝軍、正兵などの法具と組み合わせて城に張り付いてからこの計略で一気に落城を狙う戦術が分かり易い。
開幕を凌がれてしまった場合も、士気4で複数部隊を+5出来る計略は役に立つ。

また、士気を貯めてから中盤にフルコンで攻めるという方法もある。
この場合は槍兵に追いつく速度上昇を活かして、速度上昇のある超絶騎兵との相性が良いだろう。
暴虐なる覇道は守りを無視する形になるがコンボ相手としては最適。
武力が+11された攻城兵と武力と速度の上がった騎兵のマウント突撃が来るのはそうそう止められない。

しかし、ただでさえハイリスク・ハイリターンな攻城兵を、複数入れなければならないというデッキ構築のデメリットは大きい。
制圧力が非常に低く白兵戦でも常に遅れを取るため、ゲージリセットがあっても複数回の内乱は避けられない。
また攻城力はコスト依存が大きいため高コストの採用率が高く、複数の攻城兵を入れるメリットがあまりない。
漢鳴デッキや栄光の大号令のように、序盤に強力な計略を使えない相性のいいデッキが増えてはいるものの、
それは開幕系デッキ全般に言える事で、暴虐デッキ等に比べ環境に合致している要素があまりない。

上手く決まれば複数の攻城兵による一気の攻城は爽快だが、そこに持ち込むまでのプレイヤーの腕が試されるだろう。

相手をする場合は開幕を凌いだ後の事よりも開幕を凌ぐことを最優先に考えた方がよい。
ラインの低い初期配置にして端攻めに備える、法具は開幕の攻勢に対処しやすい物を選ぶなど相手をする側も開幕に工夫を凝らし、
一番怖い開幕を全力で凌げれば多少の士気差があっても有利に立てることがほとんどである。