カードリスト / 第1弾 / 群雄 / 成公英


武将名せいこうえい
成公英「荒くれの中に、私のような者が
  一人はいても良いでしょう?」

韓遂の配下。韓遂が幾度となく後漢に反乱を起こした際に、腹心として部隊をまとめた。韓遂が曹操軍に敗北し、多くの部下が去って行った後も一人残り、韓遂を支え続けた。韓遂亡き後は、曹操に仕えた。
コスト1.5
兵種騎兵
能力武力4 知力7 征圧力1
官職武官
特技伏兵
将器突撃術 速度上昇 征圧力上昇
計略後方指揮味方の武力が上がる
必要士気4
Illustration : 祀花よう子Character Voice : 代永翼


韓遂の片腕とも言われる忠臣。

コスト1.5で中武力中知力伏兵持ちの騎兵に癖のない号令と、計略要員としては穴のないスペック。
とはいえスペックだけなら蔡琰など上位互換が存在するため、計略ありきの採用になる。

Ver.1.1.5Aのエラッタで計略が指揮から後方指揮へと変更された。
武力+3、効果時間は11.9c、知力依存0.2c(Ver.2.1.0D)
相手の号令とぶつかり合うには厳しい武力上昇値だが、低士気を生かしたサブ号令としては効果時間も長めで扱いやすい。
群雄のサブ号令では知力のフォローも出来る盧氏(賢狼の導き)が優先されることも多いが、
士気の軽さや、重ねがけが可能である点など、小回りの良さは彼だけのメリット。
相手が計略を使用していない状態ならば、単なる+3でもかなり優位に立てるので
小回りを活かして、相手の体勢が不十分なタイミングを狙っていきたい。

しかし群雄では高コストがスペック・計略共に癖が強いものが多く、1.5コスト枠には欠点のフォローを求められる事が多い。
そのため計略要員としては、低知力をフォロー出来る賢狼の導きや、復活計略、サブプランになる号令などが採用されがち。
成公英自身は計略要員として相応のバランスに仕上がっているのだが、群雄の1.5コストに求められる役割と噛み合わず、なかなか採用には至らないのが現状。

登場当初は群雄でも珍しい知力寄りの武将という特徴もあったが、新カードが増えたことで特徴も埋もれてきた。
バージョンが進むごとに悲しみを背負い続ける、成公英の明日はどっちだ。

登場バージョン

Ver.1.0.0C

修正履歴

Ver.1.1.5A エラッタ実施「計略変更:指揮→後方指揮」
Ver.2.0.1B 効果時間延長 10.2c→11c
Ver.2.1.0D 効果時間延長 11c→11.9c

Menu

最新の20件

2019-10-22 2019-10-21 2019-10-20

今日の20件

  • counter: 35746
  • today: 6
  • yesterday: 23
  • online: 66