時械神


時械神/Timelord

 遊戯王5D'sで登場した、「時械神」と名のついたモンスター群。
 属する全てのモンスターがレベル10の天使族であり、
 《究極時械神セフィロン》と《時械神サンダイオン》以外のモンスターは攻守が0である。
 また、《究極時械神セフィロン》以外は以下の共通効果を持つ。

このカードの効果及び戦闘による破壊を無効にする。 
表側攻撃表示のこのカードのプレイヤーへの戦闘ダメージを0にする事ができる。 
このカードが自分フィールド上に存在する場合、
自分はモンスターの召喚・反転召喚・特殊召喚を行えない。 
フィールド上に表側攻撃表示で存在する
このカードの戦闘によって発生する自分への戦闘ダメージは0になる 
自分のスタンバイフェイズにこのカードはデッキに戻る。

 効果の性質上、全体除去や戦闘に対しては凄まじく強い。
 しかし、スタンバイフェイズにデッキに戻ってしまう為、場持ちが非常に悪く、アニメ効果のままで【ゾーンデッキ】を組むとほぼ確実に事故を起こす。
 この為か、タッグフォース版においてはOCG版の《時械神メタイオン》に合わせて以下の共通効果となった。

このカードはデッキから特殊召喚する事はできない。
自分フィールド上にモンスターが存在しない場合、
このカードはリリースなしで召喚する事ができる。
このカードは戦闘及びカードの効果では破壊されない。
フィールド上に表側攻撃表示で存在する
このカードの戦闘によって発生する自分(お互い)への戦闘ダメージは0になる。
このカードが戦闘を行ったバトルフェイズ終了時(ダメージステップ終了時)、
〜〜〜(固有の効果)
自分のスタンバイフェイズ時、このカードはデッキに戻る。

 デッキからの特殊召喚ができなくなった代わりに《虚無械アイン》(アニメ版)の効果が内蔵された。
 その他にも各種天使族サポートの恩恵を受けられる為、「破壊されない」効果の隙である筈の除外やバウンスを喰らっても、《奇跡の光臨》や《神の居城−ヴァルハラ》にも対応しており、リクルーターから特殊召喚はできないが、《リミット・リバース》には対応している為、手札破壊にも強い。
 むしろ、自身の効果でデッキに戻るくらいなら、バウンスされてしまったり、墓地に送られた方が都合が良いくらいである。

 戦闘を行う事によって発生する効果は「墓地利用封じ」「大量展開メタ」「バーン効果」であり、共通効果の性質上「ワンターンキル」「全体除去」に強いという、OCGの現環境を皮肉ったような効果をしている。

 タッグフォース収録にあたって《虚無械アイン》《無限械アイン・ソフ》《無限光アイン・ソフ・オウル》の効果も変更され、手札交換効果となり、ダブルコストモンスターであった《時械巫女》は「時械神」専用のサーチカードとなった。
 タッグフォース版のこのカード郡は十分実践的な強化が施されたが、効果の性質上、《くず鉄のかかし》や各種ロックカード、バーンメタカードには弱い。
 また、終盤になってくると手札から「時械神」が無くなるといった状況になり、「圧倒的有利だった状況からの逆転負け」といった状況になりかねないため注意。
 出来る限り早い段階で《時械巫女》《虚無械アイン》《無限械アイン・ソフ》(全てタッグフォース版)を手札に呼び込めみたい。

  • デッキに戻る効果はスタンバイフェイズに何度も発動する強制効果であり、チェーンブロックを作る。
    《天罰》で無効にされてもすぐにまた発動して、結局デッキに戻ってしまう。
    また、《光と闇の竜》のステータスを一気にダウンさせる。
  • 原作・アニメにおいて―
    「アポリア対ゾーン」「遊星対ゾーン」においてゾーンが使用。
    「アポリア対ゾーン]では《時械神メタイオン》《時械神ラツィオン》(どちらもアニメ効果)が登場し、その効果でアポリアを圧倒的な差を付けて勝利した。
    劇中で「時械神は10体存在する」とゾーンが発言しているが、「アルカナフォースの様に全種類は登場しない」という意見もあった・・・。
    ・・・が、ゾーンの驚異的なドロー力と《無限光アイン・ソフ・オウル》によって見事に10体全てが登場した。
    最終的に《シューティング・クェーサー・ドラゴン》(アニメ効果)によって《時械神ミチオン》《時械神ハイロン》《時械神ラフィオン》《時械神ガブリオン》《時械神サンダイオン》は戦闘破壊され、最後の切り札であった《究極時械神セフィロン》(アニメ効果)も《集いし願い》?によって連続攻撃能力と絶大な攻撃力を得た《スターダスト・ドラゴン》に戦闘破壊された。
    • 余談だが、ゾーンは”大邪神ゾークネクロファデス”や”ダークネス”といった歴代のラストボスと違って(技術こそ凄まじかったが)あくまで人間である。
      そのゾーンがどのようにしてこのカード郡を手に入れたのかは、謎である。(少なくともイリアステルが遊星達の時代に飛ぶ前には手に入れていた模様。)
  • 名前の由来は「生命の樹(セフィロトの樹)」から取られている。
    「ケテル/王冠」「コクマー/知恵」「ビナー/理解」「ケセド/慈悲」「ゲブラー/峻厳」「ティファレト/美」「ネツァク/勝利」「ホド/栄光」「イエソド/基盤」「マルクト/王国」という10つのセフィラが存在し、
    それぞれに「メタトロン」「ラツィエル」「ツァフキエル」「ザドキエル」「カマエル」「ミカエル」「ハニエル」「ラファエル」「ガブリエル」「サンダルフォン」という対応した天使が存在する。
    また、「ダアト/真意」という隠されたセフィラが存在し、これには対応した天使が存在しない。
    上記のとおり《究極時械神セフィロン》には対応した天使が存在しない為、「セフィロトの樹」そのものが名前の由来となった。

登場作品

  • 遊戯王5D's

関連リンク

「時械神」と名のついたモンスター

「時械神」に関する効果を持つカード


その他のリンク

  • 《時械天使》?

カテゴリ一覧

効果別

作品別

その他

重要

最新の20件

2019-12-17 2014-07-04 2014-01-19 2013-06-19 2014-07-04 2013-04-05 2013-04-12 2015-04-07 2014-07-04 2014-06-25 2014-06-21 2014-03-14 2014-03-10 2014-03-09 2013-07-25

今日の20件

  • counter: 22598
  • today: 1
  • yesterday: 1
  • online: 1

edit