《勇者の紋章》


勇者(ゆうしゃ)紋章(もんしょう)/Crest of the braver》

速攻魔法
フィールド上の攻撃力1000以下の戦士族モンスター1体を選択して発動する。
このターン選択したモンスターの攻撃力と守備力は常に、
お互いのフィールド上に存在するそのモンスターと同じ属性を持つモンスターの
攻撃力を合計した数値+1000となる。
また、このカードの効果が適用されたモンスターは、
「勇者の紋章」と自身以外の全ての効果を受けない。
このカードは発動と効果を無効にされず、
「発動できない」「チェーンできない」「効果を受けない」効果も無視する。

 DIMENSIONAL STORY マッチキルモンスターの脅威で登場した速攻魔法。
 ターン終了時まで攻撃力1000以下の戦士族モンスターに強力な耐性と自身を除くフィールド上の同じ属性もモンスターの攻撃力分だけ攻撃力・守備力を強化する効果を持つ強化版「ユニオン・アタック」と言ったところ。

 単純に考えれば属性統一デッキで自分フィールド上のモンスターの攻撃力を一点に集約する効果であり、《BF−暁のシロッコ》の様に他のモンスターに攻撃できない制約も無い為、コンバットトリックとして使用するよりも相手に攻め込む際に使用する事が多いだろう。
 ミラーマッチ等では相手のモンスターの攻撃力も加算される為、大量展開されやすいデッキ同士だと凄まじい攻撃力を叩き出す。

 選択したモンスターへ強力な耐性も付加される為、《魔法の筒》等は怖くない一方、《ディメンション・ウォール》で迎撃されるとエンドカードになりかねない。
 《和睦の使者》等で防がれると攻撃力1000の弱小モンスターが無防備の状態で突っ立っている状態になるのも気になる所。

 ちなみに攻撃力の計算タイミングは《邪神アバター》と同じ為、闇属性モンスターに使用すると《邪神アバター》の攻撃力・守備力は「《勇者の紋章》と《邪神アバター》を除くフィールド上の攻撃力が最も高いモンスターの攻撃力+100」となり、このカードの効果を受けたモンスターも《邪神アバター》と自身以外のフィールド上のモンスターの攻撃力の合計+1000となる為、数少ない《邪神アバター》を戦闘破壊できるカードとなる(他には後出しの《邪神ドレッド・ルート》等や《禁じられた聖杯》等で効果を無効にする)。

 ………と、言うのは普通のモンスターに使用した場合の話。
 上記の効果だけでも十分強いが、このカードの真価は《見習い勇者アルト》に使用した場合である。
 このカードの効果を受けた《見習い勇者アルト》の攻撃力・守備力は「自身を除いたフィールド上の全てのモンスターの攻撃力の合計+1000となる」のである。
 この為、相手フィールド上にモンスターが大量展開されていたり、攻撃力の高いモンスターが存在する劣勢時、
 又はこちらがモンスターを大量展開している等の優勢時では攻撃力が1万を軽々超える事すら珍しくない、文字通り一撃必殺の切り札と化す。

  • 速攻魔法である為相手ターンの不意打ちにも使用可能であり、更に発動と効果を無効にされず「発動できない」等の効果も無視できると凶悪な性能だが、
    使うデッキや対象が限られている事。このカード自体にチェーンして対象となったモンスターを除去されると不発に終わる。上記の通り《和睦の使者》で防がれると攻撃力1000のモンスターがほぼ無防備な状態で残る事が、数少ない致命的な弱点である。

<><><><><>

  • 登場作品において―
    DIMENSIONAL STORY マッチキルモンスターの脅威」で主人公、優凪信間が使用。
     ヒロインのアイナ曰く「シンマの最後の切り札」。
     「シンマ対栄沢」「シンマ対アイナ(2戦目)」で《見習い勇者アルト》に使用され凄まじい攻撃力でエースモンスターを戦闘破壊している。
     どちらも攻撃力が1万を超えているが、本当にアルトは「見習い」なのだろうか?

登場作品

関連カード

カテゴリ一覧

効果別

作品別

その他

重要

最新の20件

2021-04-07 2014-07-04 2014-01-19 2013-06-19 2014-07-04 2013-04-05 2013-04-12 2015-04-07 2014-07-04 2014-06-25 2014-06-21 2014-03-14 2014-03-10 2014-03-09 2013-07-25

今日の20件

  • counter: 1283
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 4

edit