2005 / 02 / 21 主婦強盗殺人事件 愛知県・名古屋


主婦強盗殺人事件

情報の提供のお願い

午前11時35分頃、被害者の夫が自宅に帰ったところ、1階和室にうつぶせで顔面から
血を流して被害者が倒れているのを発見して110番通報しました。
押入れ内のホーム金庫が開放され、被害者のバックも物色された形跡がありました。

■発生日時
平成17年2月21日、午前11時35分頃
■発生場所
名古屋市守山区小幡地内の民家

21日午前11時40分ごろ、名古屋市守山区小幡の警備会社経営、青松徳夫さん(55)の
住宅で、青松さんが会社から帰宅したところ、1階の和室で妻の須真子(51)さんが
顔から血を流してうつ伏せの状態で倒れているのを見つけ通報。
警察が調べたところ、須真子さんは既に死亡していた。首には絞められたような跡が
あった。青松さんは、21日午前8時半ごろ、自宅から1キロほど離れた会社に通勤し、
約3時間後に昼食の為、帰宅したところ、須真子さんが倒れているのを見つけ通報。
住宅の1階の押入れにしまっている、家庭用の簡易金庫の扉が開いた状態になっており
バッグも荒らされていた。
警察は、強盗殺人の疑いがあるとして、特別捜査本部を設置し、現場周辺の聞き込み
を行うとともに、司法解剖を行ない、須真子さんの死因の特定を急いでいる。
2005〜

  • counter: 13805
  • today: 1
  • yesterday: 1
  • online: 1

最新の20件

2020-04-13 2020-02-21 2020-01-17 2019-11-18 2019-09-04 2019-05-10 2017-11-25 2017-11-16 2017-10-12 2017-03-07 2015-06-21 2014-09-24 2014-09-19 2013-03-07 2016-04-17 2016-05-29 2016-02-08 2015-11-23

今日の10件

  • counter: 13805
  • today: 1
  • yesterday: 1
  • online: 1