1988 / 03 / 18 名古屋臨月主婦切り裂き殺人事件


名古屋臨月主婦切り裂き殺人事件

名古屋市中川区富田町供米田のマンション2階202号室で
臨月の妊婦守屋美津子さん(27)が
何者かに腹部を切り裂かれ血だまりの中で倒れていた。
両手は後ろ手に縛られ首には電気炬燵のコードが巻きつけられていた。
帰宅した夫が暗闇の中で赤ん坊の泣き声に気付き午後7時43分に通報。
病院に搬送する際、救急隊員が腹部から電話とキーホルダーを取り出している。
直接の死因は炬燵のコードでの絞殺による窒息死。
奇跡的に子供は無事で手術や点滴、祖父の輸血で危険な状態を脱した。
猟奇的な手口から性犯罪の前歴者、近隣の変質者、医療関係者までもリストアップし、
徹底した捜査を行なったが、有力な容疑者は割り出されなかった。
2003年3月18日時効が成立した。
事件史探求
阿修羅
1981〜1990

  • counter: 23103
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 3

最新の20件

2019-11-18 2019-09-04 2019-05-10 2017-11-25 2017-11-16 2017-10-12 2017-03-07 2015-06-21 2014-09-24 2014-09-19 2013-03-07 2016-04-17 2016-05-29 2016-02-08 2015-11-23 2015-11-15

今日の10件

  • counter: 23103
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 3