1982 / 03 / 22 河嶋 功一(当時24、男) 横浜市金沢区洲崎


河嶋功一

int37.jpg

関東学院大学機械工学科を卒業したばかりで、浜松に就職も決まっていた。
失踪当日は父親たちが車で下宿へ荷物を取りに行く。父親は荷物とともに車で、
本人は汽車で浜松に帰ることにした。功一さんは「先に浜松に帰っている」と、
午前9時半頃下宿を出た。父親は50〜60m先の角を曲がるところまで見送る。
後に父が「交通渋滞で帰りが遅れる」と浜松の実家に電話したが、
功一さんは未だ帰っていなかった。夜遅く荷物を下ろし横浜に引き返すが、
本人はいなかった。当時小雨で傘一本、電車賃・本人の小遣い程度しか持っていない。
同級生に「北朝鮮に研究に行く」という電話がかかっていることなどから
拉致された可能性が高いと見られている。就職が決まったため浜松市に移した
住民票が失踪2日後に再び横浜市に戻されている写しを示し拉致被害者として
認定するよう両親が拉致議連会長に要望。特定失踪者第二次公開。

1981〜1990

  • counter: 12837
  • today: 1
  • yesterday: 1
  • online: 3

最新の20件

2020-01-17 2019-11-18 2019-09-04 2019-05-10 2017-11-25 2017-11-16 2017-10-12 2017-03-07 2015-06-21 2014-09-24 2014-09-19 2013-03-07 2016-04-17 2016-05-29 2016-02-08 2015-11-23

今日の10件

  • counter: 12837
  • today: 1
  • yesterday: 1
  • online: 3