1967 / 08 / 30 布川事件 茨城県・北相馬郡


1961〜1970

【1967/08/30 府川事件】

http://www.fureai.or.jp/~takuo/fukawajiken/

茨城県・利根町布川で独り暮らしの大工(62)が、自宅で殺害されているのを発見された。
死亡推定時刻は28日の午後7時から11時頃で、絞殺による窒息死だった。
警察は、10月10日に容疑者(20)を、6日に別の容疑者(21)を別件逮捕した。
2人は連日の長時間にわたる取調べで犯行を自供した。物的証拠はほとんどなかった。
それぞれが警察の取調で『自白』を強要され、その『自白』を根拠に、裁判で無期
懲役の判決を受け、29年間刑務所に囚われた末、平成8年11月相次いで仮釈放に。

昭和42年8月30日の朝、利根町布川で老人が自宅で殺害されているのが発見された。
被害者は、玉村象天(たまむらしょうてん)さん(62才)で、発見者によると、この日
玉村さんに大工仕事を頼みに来て声を掛けたが、庭に自転車があるのに返事がない
ので、不思議に思い勝手口の戸を開けてみると、8帖間で玉村さんが殺害されていた
とのこと。 被害者は8月28日の午後7時から11時頃に首を絞められて殺されたものと推定。

警察の検証記録によれば、現場の状況はおよそ次の通り。

被害者宅の玄関と窓は施錠されていたが、勝手口がわずかに開いていた。
便所の窓が開いており、木製の桟が2本とも外され外に落ちていた。
8帖間と4帖間の境のガラス引戸が2枚とも4帖間側の方に倒れ、ガラスが辺りに散乱していた。
8帖間の押入の前の床板が割れていて、そのV字形に落ち込んだ所に被害者が倒れていた。
被害者は、両足をタオルとワイシャツで縛られ、口の中にパンツが押し込まれた上、
首にもパンツが巻きつけられ窒息死していた。
室内には、寝具、衣類などが散乱し、物色の跡が激しく見られた。
室内の蛍光灯は、8帖間、4帖間とも点灯していた。
合計43点の指紋が採取されたが、犯人に結びつくものはなかった。

http://www.iwate-np.co.jp/newspack/cgi-bin/newspack.cgi?national+CN2005090701002107_1

2005年09月07日

布川事件再審、決定は21日  強殺で2男性請求

茨城県で1967年、男性が殺害され現金が奪われた「布川事件」で、強盗殺人罪に問わ
れ無期懲役が確定、仮釈放された桜井昌司さん(58)と杉山卓男さん(59)が無実を
訴えて申し立てた第2次再審請求で、水戸地裁土浦支部(彦坂孝孔裁判長)は7日、21
日午前に決定を出すと弁護団に伝えた。
再審請求審で弁護側は、現場に2人の指紋が残っていないのは不自然とする再現実験
結果などを新証拠として提出。
「強制、誘導された自白と、信頼性に乏しい目撃証言に基づく判決で冤罪(えん
ざい)」と主張した。

検察側は「弁護側の証拠には新規性や明白性がない」と反論した。

http://www.nichibenren.or.jp/jp/katsudo/sytyou/kaityou/80/1988_2.html

  • counter: 12730
  • today: 1
  • yesterday: 2
  • online: 5

最新の20件

2017-11-25 2017-11-16 2017-10-12 2017-04-24 2017-03-07 2015-06-21 2014-09-24 2014-09-19 2013-03-07 2016-04-17 2016-05-29 2016-02-08 2015-11-23 2015-11-15 2015-11-04

今日の10件

  • counter: 12730
  • today: 1
  • yesterday: 2
  • online: 5