日本人駐在員バラバラ殺人事件

1965年8月25日、オランダ、アムステルダムの運河から発見されたトランクケースから、
男性と思われる首無し腐乱死体が発見された。
1週間後の9月1日、警察は被害者を、大阪にある貿易会社のブリュッセル駐在員(32)と断定。
彼は、2ヶ月ほど前にアムステルダムに単身赴任したばかりであった。
また、男性が所持していたと思われる現金200万円、こちらも消えていた。
その後、男性がブリュッセルで最初に友達になったという男(27)が捜査線上に浮上。
警察の事情聴取を受けていたが、聴取後の帰り道、車の衝突事故で急死してしまう。
自殺なのか事故死か判断が分かれたが、これにより事件は迷宮入りとなってしまった。
1961〜1970

  • counter: 23407
  • today: 1
  • yesterday: 14
  • online: 1

最新の20件

2017-11-25 2017-11-16 2017-10-12 2017-04-24 2017-03-07 2015-06-21 2014-09-24 2014-09-19 2013-03-07 2016-04-17 2016-05-29 2016-02-08 2015-11-23 2015-11-15 2015-11-04

今日の10件

  • counter: 23407
  • today: 1
  • yesterday: 14
  • online: 1