variable_global_exists()


組み込み関数 用途別 > 変数操作 > variable_global_exists()

variable_global_exists()

この関数を使用すると、グローバルスコープ変数が存在するかどうかを確認できます。 チェックするグローバル変数名を文字列として指定し(以下のサンプルコードを参照)、指定した名前のグローバル変数が存在する場合は true を返し、存在しない場合は false を返します。

構文

variable_global_exists(name);
name
チェックするグローバル変数名 (文字列)

戻り値

Boolean
存在すれば true。存在しない場合は false

if (!variable_global_exists("enemy_num")) {
  global.enemy_num = instance_number(obj_Enemey_Parent);
}

上記コードはグローバル変数に "enemy_num" が存在しなければ、"obj_Enemy_Parent" の存在数を取得し、その値を "enemy_num" に格納します。

Wiki内検索

#search(): You already view a search box

MENU

ドキュメント

GMLリファレンス

2ch

その他



最新の30件

2024-03-07 2023-08-09 2023-05-21 2023-05-20 2023-05-04 2022-10-13 2022-07-21 2022-07-02 2022-04-06 2021-11-30 2021-11-26 2021-10-03 2021-09-23 2021-08-15 2021-06-02 2021-01-23 2021-01-21 2021-01-19 2021-01-18 2021-01-16 2021-01-15

人気の10件

今日の10件



これまでの訪問者: 437
今日の訪問者: 1
昨日の訪問者: 1
閲覧者: 4