surface_exists()


2D グラフィック機能

surface_exists

サーフェースが存在するかどうかをチェックします

構文

surface_exists(index);
index
サーフェースのインデックス番号

戻り値

Boolean
存在していればtrue

説明

サーフェースはいつでも破棄される可能性があるため、この関数はそれをチェックするために不可欠です。例えば、Windows上でスクリーンセーバーが起動した時、またはAndroidデバイスで最小化した時、サーフェースはVRAMから破棄されます。そのため常にサーフェースが存在していることを確認する必要があります。以下のコード例では作成済みのサーフェースが破棄されていないかどうかチェックして描画を行うようにしています

if !surface_exists(surf)
{
  surf = surface_create(1024, 1024);
}
else
{
  if view_current = 1
  {
    draw_surface(surf,0,0);
  }
}

上記コードは、サーフェースが存在するかどうか変数"surf"に格納されているインデックス番号を用いてチェックしています。存在しなおかつview番号が1であるときは、そのまま描画を行い、存在しない場合はサーフェースを再生成します

Wiki内検索

#search(): You already view a search box

MENU

ドキュメント

GMLリファレンス

2ch

その他



最新の30件

2020-06-28 2020-06-20 2020-05-27 2020-05-12 2020-05-10 2020-05-08 2020-05-07 2020-04-30 2020-04-28 2020-04-27

人気の10件

今日の10件



これまでの訪問者: 1023
今日の訪問者: 1
昨日の訪問者: 0
閲覧者: 4