layer_shader()


Game Maker Language リファレンス > 組み込み関数 用途別 > リソース操作・ルーム > 一般的なレイヤー関数 > layer_shader()

layer_shader()

この関数を使用すると、任意のレイヤーにシェーダーリソースを割り当てることができ、レイヤーはそのシェーダーを使用してレンダリングされます。レイヤーの一意のID値またはレイヤーの名前(文字列として。これはパフォーマンスに影響します)を、使用するシェーダーのIDとともに指定します。シェーダーはアセットブラウザーで事前に作成されている必要があり、シェーダーインデックス(シェーダーリソースの名前)がこの関数に渡されます。割り当てられたレイヤーにインスタンスが追加されている場合、シェーダーはインスタンスが使用するすべての描画イベントに適用されます。たとえば、インスタンスに Draw GUI Begin イベントがある場合、シェーダーは自動的にそれに適用されます。シェーダーは、スプライトアセットやタイルマップなど、そのレイヤーに描画された他のグラフィック要素にも影響します。 この関数は、描画イベントやステップイベントで呼び出されることを意図したものではなく、部屋作成コードまたはインスタンスの作成イベント/部屋開始イベントで部屋の開始時にのみ呼び出す必要があることに注意してください。

構文

layer_shader(layer_id, shader)

layer_id
シェーダーを適用するレイヤーID(もしくはレイヤーリソース名)
shader
レイヤーに適用するシェーダー

戻り値

N/A
なし

var lay_id = layer_get_id("Instances");
layer_shader(lay_id, shd_Sepia);

上記コードは、レイヤー "instances" にシェーダー "snd_Sepia" を設定しています

Wiki内検索

#search(): You already view a search box

MENU

ドキュメント

GMLリファレンス

2ch

その他



最新の30件

2021-01-19 2021-01-18 2021-01-17 2021-01-16 2021-01-15 2021-01-14 2021-01-13

人気の10件

今日の10件



これまでの訪問者: 55
今日の訪問者: 1
昨日の訪問者: 1
閲覧者: 5