Tutorial / 初心者向けチュートリアル その1


Tutorial

初心者向けチュートリアル その1

はじめに

ここでは、初めてGame Makerに触れる方を対象に、簡単なゲームの作成手順を解説していきます。
なるべく分かりやすいように、日本語化済みのGame Maker 5.3A-初心者モードにおけるスクリーンショットを掲載しました。
Game Makerに慣れてきたら、[File]メニューから[Advanced Mode]をONにして、上級者モードに切り替えるとよいでしょう。

ここで作成するゲームはとても単純なものです。慣れれば作成するのに5分もかかりません。

01.png
説明
壁に囲まれた部分にボールが一つあります。このボールは、ゲーム開始時に動き始め、壁に跳ね返ったりします。プレイヤーがそのボールを左クリックするとスコアに1点が加算されます。スコアはウィンドウキャプションバー(タイトル)に表示されます。

■目次


作ってみよう

手順1 - 壁(wall)オブジェクトの作成

02.png

まず、壁のスプライト画像を定義します。

  1. [Add]メニューの[Add Sprite]からスプライトを追加します。
  2. 「スプライトの読込」ボタンから、画像ファイル"GameMakerをインストールしたフォルダ\Sprites\various\Square.ico"を読み込みます。
  3. 分かりやすいように、sprite(スプライト)の先頭3文字をくっつけて「spr_wall」と名前を付けます。
    square.png
    (手持ちの画像がなければこちらのsquare.pngをお使いください。右クリックで「名前をつけて画像を保存」)
03.png

実際に表示される壁オブジェクトを作成します。

  1. [Add]メニューの[Add Object]からオブジェクトを追加します。
  2. -スプライト- には、先ほど定義した「spr_wall」を指定します。
  3. 静止している壁のようなオブジェクトにはsolidにチェックを付けるという決まりがあるので、solidにチェックを入れます。
  4. 分かりやすいように、object(オブジェクト)の先頭3文字をくっつけて「obj_wall」と名前を付けます。

手順2 - ボール(ball)オブジェクトの作成

04.png

ボールのスプライト画像を定義します。

  1. [Add]メニューの[Add Sprite]からスプライトを追加します。
  2. 「スプライトの読込」ボタンから、画像ファイル"Sprites\various\Ball1.ico"を読み込みます。
  3. 分かりやすいように、「spr_ball」と名前を付けます。
    ball1.png
    (手持ちの画像がなければこちらのball1.pngをお使いください。右クリックで「名前をつけて画像を保存」)
05.png

このゲームの重要なポイントとなるボールオブジェクトを作成します。

  1. [Add]メニューの[Add Object]からオブジェクトを追加します。
  2. -スプライト- には、先ほど定義した「spr_ball」を指定します。
  3. 分かりやすいように、「obj_ball」と名前を付けます。

ここでは、ボールオブジェクトにいくつかアクション(動作)を持たせることにします。 一つ目は、ゲーム開始時に移動し始めるというアクションです。

06.png
  1. ボールオブジェクトの設定画面-「イベントの追加」ボタンから、生成(Create)イベントを追加します。
  2. 右側のアクション一覧から、[Start moving in a direction](指定した方向へ移動を開始する)アクションを選び、アクションリストへドラッグ&ドロップします。
  3. するとアクション設定画面が表示されるので、Directions(進む方向)には斜め四方向(上図を参照)を指定し、Speed(移動の速さ)には4を指定します。

ボールが生成されたとき、指定された4方向のうちからランダムに1方向が選ばれ、ボールはその方向に移動を開始します。

二つ目は、壁に当たったときに跳ね返るというアクションです。

07.png
  1. 「イベントの追加」ボタンから、壁オブジェクトに対してのコリジョン(衝突)イベントを追加します。
    08.png
  2. [Bounce against objects](オブジェクトに対して跳ね返る)アクションをアクションリストへ追加します。
  3. アクション設定はデフォルトのままでOKです。

三つ目は、移動しているボールを左クリックしたときにスコア(点数)に1点を加算するというアクションです。

09.png
  1. 「イベントの追加」ボタンから、マウス-左が押された(Left Pressed)イベントを追加します。
  2. アクション一覧-[score]タブにある[Set the score](スコアを設定する)アクションを、アクションリストへ追加します。
  3. アクション設定画面が表示されるので、new scoreに1を設定し、Relativeにチェックを入れます。

Relativeにチェックを入れることで、現在のスコア(ゲーム開始時は0)にnew scoreで設定した値を加算することができるのです。



手順3 - ルームの作成

あとは壁とボールをルームに配置すればゲーム完成です。

10.png
  1. [Add]メニュー[Add Room]からルームを追加します。
  2. ルームのデフォルトの大きさ(640x480)はこの場合少し大きすぎるので、[設定]タブから、幅=320、高さ=256と設定します。
  3. ゲーム編集中、オブジェクトを配置しやすいように、グリッドの大きさを(32x32)に設定しておきます。
    11.png
  4. [オブジェクト]タブへ移動し、「追加するオブジェクト」として壁オブジェクト(obj_wall)を選択します。
  5. 左クリックで、壁オブジェクトをルームの周りに配置していきます。このとき、マウス左ボタンと[Shift]キーを押しっぱなしにすると、オブジェクトを連続的に配置できるので便利です。
    12.png
  6. 「追加するオブジェクト」としてボールオブジェクト(obj_ball)を選択します。
  7. ルーム中央あたりにボールオブジェクトを配置します。

以上で完成です。 [F5]キーを押すとゲームを実行できます。


Tutorial/初心者向けチュートリアル その2に続きます。

Wiki内検索

#search(): You already view a search box

MENU

ドキュメント

GMLリファレンス

2ch

その他



最新の30件

2024-03-07 2023-08-09 2023-05-21 2023-05-20 2023-05-04 2022-10-13 2022-07-21 2022-07-02 2022-04-06 2021-11-30 2021-11-26 2021-10-03 2021-09-23 2021-08-15 2021-06-02 2021-01-23 2021-01-21 2021-01-19 2021-01-18 2021-01-16 2021-01-15

人気の10件

今日の10件



これまでの訪問者: 7043
今日の訪問者: 1
昨日の訪問者: 1
閲覧者: 6