GameMaker


gamemakerstudio2.png

GameMaker とは?



Game Makerの特徴

ニコニコ大百科 - GameMaker:Studioより抜粋

アイコンをドラッグアンドドロップするだけで、プログラミングの経験が無くても直感的にゲーム開発が出来る。
プログラミングの知識があれば組み込みの言語「GML(GameMaker Language)」により細かい処理が可能。
特に2Dゲームを作るための機能が充実しており、シューティングなどのアクションゲームの制作に向いている。

ゲーム制作の初心者から上級者まで使われており、欧米においては使用者のコミュニティも盛んで広く知られているが、
日本ではあまり広まっていないため、日本語の資料が非常に少ない。

初版は 1999年11月15日 にリリースされ 20年以上の歴史がある。シンプルでわかりやすいためゲーム開発に不慣れでも使いやすいが、現代的な開発スタイルからすると、やや古い部分が残ったままとなっている。

さらに詳しくは →GameMakerの特徴

GameMakerで作られたゲーム

海外のインディーゲームでよく使われている。Unity や Unreal Engine と違って大規模ゲームではほぼ使われない。
ジャンルの中心は「2Dアクション」「シューティング」。"Undertale" や "VA-11 Hall-A" のようにインタラクティブな会話イベントを構築することも可能

タイトル初リリース日ジャンル詳細
Hotline Miami2012.10.232D見下ろし型のステルス・クライムアクションIGF2013大賞ファイナリスト
Risk of Rain2013.11.82DローグライクプラットフォーマーIGF2014学生部門の大賞を獲得
Downwell2015.8.15ひたすら下に潜る2Dサイドビューアクションシューティングmetacritic 81点。IGF2015学生部門ノミネート。PlayStation Awards 2016のインディーズ特別賞を受賞
Undertale2015.9.152D見下ろし型のRPG。戦闘はシューティングの弾避け売上は100万本以上。GOTY2015で6部門受賞
Nuclear Throne2015.12.52D見下ろし型ローグライクシューティングmetacritic 89点
Momodora: 月下のレクイエム2016.3.4メトロイドヴァニアmetacritic 82点
Hyper Light Drifter2016.5.31美麗なピクセルアートが魅力の2D見下ろし型アクションIGF2017で2部門受賞。Appie 2019ベストiPadゲームを受賞
VA-11 Hall-A2016.6.21バーテンダーとなってカクテルを提供しアダルトな会話を楽しむノベルゲーム4Gamerインディー部門2015ノミネート。第23回文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品
Minit2018.4.3制限時間1分の見下ろし型ACTアドベンチャーゲームIGF2019大賞ファイナリスト
KATANA ZERO2019.4.18スタイリッシュ2Dサイドビューアクションmetacritic 89点。売上本数:10万本(2019年4月時点)

より多くの情報は→Games Showcase | YoYo Games

各バージョン・エディションの一覧

GameMaker Studio 2

現行の最新バージョン。
今まではWindowsのみの動作だったが、本バージョンから、MacOSX環境でも利用可能に。
初期バージョンから使われていた Delphi から C# に書き換えられ、基本的な仕組みはそのままで、IDEが現代的なUIに一新され、洗練された操作を行えるようになった。

「GMS2は初心者のためのだけのものではありませんが、使いやすさに重点を置くことで、 初心者がアクセスしやすく、
理解しやすくなるという2つのメリットがあり、ゲーム開発がより速く効率的になります」

 簡単に言えば、GameMaker:Studio2は、ターゲットとなる開発者を
「優れたゲームをすばやく簡単に作成したいすべての人」 と定義し、
アップデートされた機能によって、2Dゲームの開発とリリースのサイクルがスピードアップする、とのことだ。

GMLの関数のいくつかに手が入っており、GM:S1のころの情報を使う場合は変更点に注意しながら作る必要がある。
描画レイヤーの機構や、高度なサウンド再生、スプライトエディタやルームエディタの機能強化が行われている。 GMLの文法の大幅な強化も2020年頃行われる予定。

また、2019年頃の方針変更により「 無料版は30日間限定の試用期間のみ 」となった。

◾ライセンスの種類

種類値段概要補足
Trial無料30日間のみ有効実行ファイルを作れないなどの制限あり
Creator$391年間のみ有効。WindowsまたはMacOSXのみ出力などの制限あり※1 Developer - Desktopへのアップグレードが30%OFF
Developer※2買切りライセンスプラットフォーム別にライセンスが分かれている
※1
まずはCreatorライセンスで試して、今後も使うのであれば差額を支払って Developer - Desktopライセンスに乗り換える、という方法もある
※2
Developerライセンスはそれぞれ以下のプラットフォームへの出力が可能となるもの
  • Desktop ($99): Windows / MacOSX
  • Web ($149): HTML5
  • Mobile ($199): iOS / Android
  • UWP ($199): Windows10デバイス / Xbox One

過去のバージョン・エディション

過去のバージョン・エディション

購入方法

Steam または YoYo Games から購入する。
購入にはそれぞれのアカウントが必要で、Steam版を購入しても YoYo Games のアカウントが必要となるため、YoYo Games から購入した方が手間が少ない。
また Steam版はSteamアプリケーションからの起動が必要なので、少し起動に時間がかかる(なので基本起動したままにするのが良い)

Steam版のメリット

  • プリペイドカードでの支払いが可能
  • 起動しているトータルの時間が記録される
  • 同じ GameMaker:Studio を使っているユーザーがいれば、起動状況がわかる

YoYo Games から購入する場合

アカウントの作成が必要で、購入には住所の登録が必要。クレジットカードと PayPal が利用可能

もっと知りたい

もっと知りたければ、以下のリンクをたどってみてください。
リンク集


競合ソフト

GameMakerと似た競合ソフト

各種質問

GameMakerの機能に関する各種質問

Wiki内検索

#search(): You already view a search box

MENU

ドキュメント

GMLリファレンス

2ch

その他



最新の30件

2020-03-31
  • GameMaker
2020-03-28 2020-03-27 2020-03-26 2020-03-25 2020-03-24 2020-03-23 2020-03-22

人気の10件

今日の10件



これまでの訪問者: 84683
今日の訪問者: 4
昨日の訪問者: 28
閲覧者: 1