乱戦


乱戦

自軍と敵軍が接触すると乱戦に突入する。
乱戦状態になると、槍オーラ・突撃オーラが出なくなり、弓は矢を撃てなくなる。
兵種間相性はVerUPで稀に変更される。

・まず前提として武力5の武将は内部的に攻撃力5守備力、武力7の武将は攻撃力7守備力という数値を持っている
三国志大戦の乱戦力を決めるのは攻撃力と守備力の差であるが、基本的に武力=攻撃力=守備力と考えていい
攻撃将器が付くと、武力6の武将の場合攻撃力7、守備力6となる
・武力10(攻撃力10)の武将が武力10(守備力10)の武将に与える乱戦ダメージは武力1(攻撃力1)の武将が武力1(守備力1)に与える武将と同じである
乱戦乱戦判定から抜けなければ約0.6c(1.5秒)に1回行われる
攻撃力と守備力が同じ場合、1回の乱戦ダメージは約5%で、乱戦だけで同武力を倒す場合20回の乱戦(約12c)が必要である
・攻撃力と守備力の差1につき約1%ずつ乱戦ダメージが増減する
具体的に言うと武力10(攻撃力10・守備力10)と武力8(攻撃力8・守備力8)が乱戦すると
武力10側が1回に受ける乱戦ダメージは5%-2%=約3%、武力8側が1回に受ける乱戦ダメージは5%+2%=約7%となり、最終的に15回の乱戦で武力8側が撤退し、武力10側は約55%残る
武力差が4以上開くと、低武力側が与えるダメージは最低値の1%となってしまい 例えば武力24の無双呂布の前では武力1の甘皇后も武力9の張飛も同じ1%しか与えられない

乱戦時の兵種乱戦

Ver.1.0.0D
槍=騎=弓=歩兵>攻
攻城兵は、他兵種より武力-1の乱戦力。(乱戦のみで武力-1の他兵種とほぼ同時に撤退する)