人物紹介 / 呂蒙


呂蒙

俗に「呉の四大都督」と呼ばれる指揮官(呂蒙の他は周瑜、魯粛、陸遜)の中では唯一の非名門層出身。
孫策の側近に取り立てられ、張昭の推薦で部隊を預けられた。

身分のある家で育ったわけではないため、若いころは武辺の人間で学がなく、見かねた孫権から学問を勧められた。
「忙しいから」と一度は辞退したが、「主君の自分だって忙しいが勉強したのだ」と返されて折れたという。
その結果、本職の儒学者に勝るほどの博学な人物となった。

荊州に居座る関羽の対策を魯粛に問われた際には、すらすらと持論を述べて「呉下の阿蒙にあらず」と魯粛に言わしめた。
これに対して呂蒙が「士別れて三日、即ち更に刮目して相待すべし」(三日も会わなければ人は見違えるものだから、
先入観に囚われてはいけない)と返答したエピソードが有名。

史実では荊州の戦いの時点で病を患っており、荊州を呉の領土にした戦後に容態が悪化して病死している。
しかし「関羽(既に神として敬われる存在だった)にとどめを刺した男」として演義では
「勝利の宴席で関羽の霊に取り憑かれると、孫権を罵倒した後に七孔噴血して絶命してしまう」という悲惨な最期にアレンジされている。
特に人形劇三国志での下げっぷりは凄まじく、荊州の領民を見せしめで惨殺したうえ、止めさせるために投降した関羽を
嘲笑しながら殺す良心の欠片もない人物として描かれている。
その最期も赤兎馬を自分のものにしようとしたが乗りこなせず、関羽の仇と言わんばかりに崖下に身投げする赤兎馬に道連れにされるというもの。
同局の大河ドラマなどで悪役にされた人物は凄まじく嫌われる傾向にあるが、呂蒙も例外ではなくリアルタイムや再放送で見ていた世代には
蛇蝎のごとく嫌われる結果となった。