人物紹介 / 張コウ


張郃

最前線一筋の生涯で三国時代を駆け抜けた猛将。
何しろ、黄巾の乱討伐に対する募兵に参加し、袁紹配下を経て、曹魏の軍に参加、蜀の北伐時代まで活躍するという、40年前後の軍歴を正史に残している。
特に劉備軍の前には何度となく立ちはだかり続けたためか、吉川英治の小説では3回も戦死させられていることで、日本の三国志ファンには有名だったりする。

フレーバーテキストは夏侯淵戦死で混乱する魏軍を指揮したことで劉備から高評価を受けたかのような記述だが、
史書では、実際に劉備が「夏侯淵は討ち取ったが、一番大事な者を討ち取っていないではないか」と言ったという。
この張郃>夏侯淵な評価は曹操軍内部でも共通しており、史実の夏侯淵は「白地将軍」とよばれるほど、勢いは苛烈だが細かい用兵を苦手とする武将だった。
夏侯淵の戦勝の影には彼に付き従う張郃やほかの武将の存在が大きかったものと思われる。

実は街亭の戦いで馬謖率いる蜀軍を叩き潰した軍の指揮を取っていたのは司馬懿ではなく彼である。
この時期に魏の大将軍を務めていたのは曹真で、司馬懿はこの戦いにほぼ関与していないのだが、
演義などでこの時期から北伐の指揮を執っていたことになっており
彼にとっての大戦果を、何もしてない司馬懿に奪われてしまっているという不憫な扱いを受けている。

彼の最期は、撤退する蜀軍をやや強引に追撃した結果、脚に矢傷を受けてそれが元で死に至るというもの。
史書によっては、彼自身は追撃に反対していたが、張郃の豊富な軍歴を警戒していた司馬懿が追撃を命じ、
蜀軍に討たせる事で、司馬懿自身、ひいては司馬氏そのものの軍閥のライバルを排除したという、謀殺的な説を展開しているものもある。