人物紹介 / 牛輔


牛輔

董卓の娘婿。
董卓が実権を握ると姻戚という事で重用され、董卓軍内での立場は李傕・郭汜・張済よりも上であった。
反董卓の兵を起こした朱儁に対し、李傕・郭汜らを派遣して撃退させるなど武功もそれなりにあるが、
朱儁を追撃させるついでに、陳留・潁川を襲わせ暴虐と略奪の限りを尽くすなど、性根の方も董卓の子分に相応しかった模様。

王允らの策略により董卓が呂布に殺害されると、当然のごとく牛輔も一族として命を狙われる。
ここでも一度はそこそこの将才を発揮し、王允側についた李粛の討伐軍を撃退しているが、
やがて軍の統制が取れなくなり、身ひとつで城を抜け出し逃亡しようとしたが、配下の攴胡赤児に裏切られ殺害された。
泥棒をモチーフとしたカードイラストと裏書のセリフは、この逃亡(失敗)がネタ元であろうか。

非常に迷信好きでもあり、フレーバーの「人に会う」際もわざわざ吉凶を占ってから会っていたと言う。
この辺は攻城台詞にも反映されている。