カードリスト / Ver3.59 / / 082_劉備


武将名りゅうび げんとく流浪の将軍
劉備 −玄徳−公孫瓚、呂布、曹操、袁紹、劉表と、実に多くの群雄達の下につき生き延びた流浪の将軍。徐州を呂布に追われ、曹操の下に身を寄せた劉備は、曹操に叛いて再び徐州の地を得るも、怒った曹操に討伐されて、官渡の決戦を前に、袁紹の下へ身を寄せた。

「見とけよ!俺ぁ絶対に成り上がってやんぜっ!」
コスト1.5
属性
兵種槍兵
能力武力5 知力5
特技復活 魅力 募兵
計略憂国の転進範囲内の味方は、一瞬で城に戻る。ただし、計略使用時に国力を消費する。国力が足りないときは効果が下がる。
必要士気3
Illustration : ファントム

袁紹軍に身を寄せている時期の劉備もついに復活。
特技募兵を取得し、大徳の自身とまったく同じ特技内容になっている。

コスト1.5にして5/5、さらには優秀な特技3つは文句なしの優良スペック。
いずれの兵種にも武力6がいる漢1.5枠では武力面ではやや見劣るが、それは贅沢の言いすぎというものだろう。
漢勢力では現状唯一の復活持ちのため、彼に時間稼ぎを任せて号令や単体強化を凌いだり、
ダメージ計略の囮にしたりと様々な用兵が可能で、戦法の幅を広げる事ができるのは大きい。

計略は呉の迅速な転進と違い国力が必要で、国力0で使うと自分のみが対象となるので注意。
範囲は相当に広く、適当に使っても全員範囲に入れるのは容易なので、足並みを崩されたくないときに使おう。
ただ漢は単体決起での消耗戦も得意とする勢力なので、無理に国力を使って全員帰還する必要がないことも多い。
通常の迅速な転進もそうだが、国力消費という高い出費を要するこちらは特に、安易に使うと泣きを見やすい点に注意。
なお消費士気3は憂国計略の中では最安なので、単純に国力を下げたい場面で空撃ち気味に使う手もある事を覚えておこう。

ライバルは若き日の自分自身で、同コスト同兵種にして計略が国力がらみという点まで類似している。
決起計略持ちの定番として定着し、常にランキング中盤を盛り立てているカード相手ではやはり分が悪く、
カード性質としてはかなり方向性が違うとはいえど、使用率では大きく水をあけられてしまっているようである。

かつてはR田豊とコンビを組んで隙無き転進コンボ(集団士気バック強化で攻め、転進で全員生還させる)で猛威を振るったが、
かたや戦乱、かたや憂国と小さからぬ出費を強いられるものに性質変更されたため、現在では有効活用は難しい。
とはいえ他部隊を生かすための捨て駒にしやすい復活持ちであるため、その点では依然として好相性である。

Menu

最新の20件

2019-07-20 2019-07-19 2019-07-18 2019-07-17 2019-07-16

今日の20件

  • counter: 33431
  • today: 3
  • yesterday: 2
  • online: 79