カードリスト / Ver3.5 / / 066_曹休


武将名そうきゅう ぶんれつなし
曹休 −文烈−曹操の甥。曹操が挙兵したと聞きつけるとすぐに駆けつけたので、曹操から「我が家の千里の駒」と褒められた。漢中攻防戦では下弁に駐屯していた劉備軍に苦戦したが「まず呉蘭から討つべき」との勇断をしたことで、張飛や馬超を退ける活躍を見せた。

「我が武、曹操様のために…!」
コスト1.5
属性
兵種弓兵
能力武力4 知力5
特技防柵 崩射
計略首都よりの援軍範囲内の魏の味方の兵力を回復する。その効果は部隊数が少ないほど大きい。
必要士気5
Illustration : 山宗

Ver1.xでR夏侯淵が持っていた勢力限定援軍計略が復活。
コスト1.5の4/5弓兵と数値的には微妙だが、魏では貴重な防柵・崩射を備えるためサポート役としては及第点か。

範囲回復計略を携えていることが最大の売りで、暴乱持ちの少ない魏にとっては唯一の兵力回復計略と言ってしまってもいいような状態である。
増援系兵略を計略で代用できると言えるので、選ぶ奥義の幅が大いに広がる。
ちなみに効果範囲内に味方部隊が複数いても対象となるのは兵力の減っている部隊のみなので、
わざわざ兵力最大の部隊を範囲から外す手間がいらないのは嬉しいところだろう。
計略範囲もそれなりに広く、直径部分にならば横一列で自身を含めて3〜4部隊が入るので
円形をフルに活かせば5〜6部隊を入れることも難しくはないが、兵力が満タン以外の部隊は入れすぎに注意。

魏は文武両道の優秀な良将が多いのでダメージ計略には耐性があるが、回復計略を持つ事で一段と強くなれる。
攻城時の増援代わりや守備時の粘りと、攻守にわたって様々な時に使えるので、あって腐る事は無いだろう。
また騎兵を活かす崩射、あって困る事の無い防柵と特技も優秀なので、特に消耗戦を挑むデッキとの相性が良い。

ちなみに呉の周魴(排出停止)の埋伏の毒にやられた人物である。そのショックは大きかったらしく、これが原因で死亡している。
勝利台詞が「さあ虎豹騎よ〜」となっており、「虎豹騎」といえば曹真では無いのか?と思われるかもしれないが、実際は彼の軍も「虎豹騎」であって間違いではない。

Menu

最新の20件

2019-08-19 2019-08-18

今日の20件

  • counter: 36479
  • today: 2
  • yesterday: 1
  • online: 121