カードリスト / Ver3.5 / 群雄 / 053_魏続


武将名ぎぞくなし
魏続呂布軍の武将。濮陽の戦いで、曹操軍を打ち破り、敗走する曹操を、あと一歩で捕える所まで追い詰めた。しかし下邳の篭城戦で曹操に水攻めをくらい、形勢不利と見るや、呂布軍の軍師であった陳宮を捕え、それを手土産に曹操に降った。

「もう曹操んとこ行っちまおうぜ!どうよ宋憲?」
コスト1.0
属性
兵種弓兵
能力武力3 知力4
特技暴乱
計略賢遅の乱【暴乱】(戦場にいる、この特技を持つ味方すべてに効果がある)知力が上がる。ただし、移動速度が下がる。
必要士気3
Illustration : 宮澤由佳

Ver2.0xC魏続の互換。
侯成は3.1で一足先に登場し、宋憲はVer1.1以降排出停止中と相変わらず足並みが揃わない3人である。
スペックは並だが意外な事に群雄唯一のコスト1弓の暴乱持ちなので、暴乱デッキの戦闘要員としても出番がある。

計略は3.59_B_3現在知力+6と移動速度0.2倍を付与する暴乱計略。効果時間は約6c。
知力上昇のお約束通り、計略コンボ・暴乱コンボとしての使い方が基本となるだろう。
しかし移動速度ダウンはかなりカバーしづらいデメリットであり、特に騎兵にかかってしまうとかなりの戦力ダウンになる。
使用の際は城内は対象外になることを活かし、速度を下げたくない武将を省くなどの工夫をしたい。

長い溜め時間と強い知力依存を持つ大胆奔放のR文鴦と組み合わせるのも相性が良い。
賢遅後、3cほど待ってから溜め始めれば、ちょうど大胆奔放が発動した直後に賢遅の乱の効果が切れるので無駄がない。
呉群編成になることで象兵が採用できるようになり、溜め時間の防御も固めやすい。

攻城中などの動く必要のない場面でなら、ダメージ計略などへの耐性を上げる保険的役割として使いやすい。
その際には強進の乱のUC程銀と組み合わせての全軍城門特攻を狙ってみるなども面白いだろう。
合わせてR兀突骨の猛進の大号令も使えば浪漫が溢れる。
ただし知力+5された状態では当然強進の乱の効果時間も伸び、12cほども操作不能になるので注意。

また逆に、速すぎて戦果が挙げづらい猛進の大号令や赤兎咆哮の移動速度を「下げるために」使う手もある。
Ver3.59になるにあたって3倍速計略を遅くしても2倍速程度までしか落ちないためかなり使い辛くなっていたが、
Ver3.59_3で0.2倍になり、3倍速でもオーラ維持・再発動不可となった。

いずれの使い方にせよコンボ前提の計略となっており、乱計略のご多聞に漏れずテクニカルな1枚。
追加当初からVer3.59_1現在にいたるまで、使用率は余り芳しくないのが現状である。

Menu

最新の20件

2019-07-20 2019-07-19 2019-07-18 2019-07-17 2019-07-16

今日の20件

  • counter: 53172
  • today: 2
  • yesterday: 2
  • online: 77