カードリスト / Ver3.5 / / 062_逢紀


武将名ほうき げんとなし
逢紀 −元図−袁紹の軍師。政治的な駆け引きに長け、謀略で見事に冀州を騙し取った。また一方では、いろいろと袁紹軍内部をかきまわし、仲の悪かった審配を窮地から救ったかと思えば、田豊を陥れて殺したりもした。

「シッシッシ、殿良いのですか?奴め牢獄で手を叩いて、笑っておりますぞ〜」
コスト1.5
属性
兵種弓兵
能力武力4 知力7
特技伏兵 崩射
計略憂国の謀略範囲内の敵の武力と知力と移動速度を下げる。ただし、計略使用時に国力を消費する。国力が足りないときは効果が下がる。
必要士気5
Illustration : 山本章史

Ver2.0xC逢紀の互換。
計略からコストから兵種から何もかもが変更されて、完全に別カード化して帰ってきた1枚。
Ver1.1x時代は復活計略を使う槍兵、Ver2では自爆持ち攻城兵と、登場するごとにコロコロと能力や計略の変わる男である。
数値的なスペックは若干見劣りはあるが、漢では貴重な妨害計略+伏兵・崩射持ちのサポートカードである。
何気に軍師の自分も追加されているので、彼を採用する際は頭の隅に置いておこう。

計略は国力を消費する離間の計といったところ。
その効果はVer3.59A_2現在、国力無しで武力-1、知力-1、移動速度0.?倍。
国力消費で武力-5、知力-5、移動速度0.6倍
離間の計とは違い対象が1部隊だけでもきちんと効果を発揮できる。
範囲も広く、計略効果だけを見れば妨害計略の中でも屈指の高性能を誇る。
ただし自身が知力7の為、高知力には効果時間が短く、知力1には14.5c持つが知力6には約6.5c程度しか持たない。
国力消費という出費を考えると、敵が弱体化している間に確実に殲滅するようにしたい。
2度掛けも強力で、武力-10知力-10移動速度減少が0.36倍と、相手に浄化など対抗策がない時には決定打となり得る。

ただ、国力を消費する憂国計略であるという非常に大きな制約があるため、実際の使い勝手としては若干の見劣りがある。
そもそも、高性能の武闘派カードが多い漢では、武力一辺倒にして妨害は入れないという編成が主流なうえ、
妨害を入れるとなった場合にも、UC蒯越やR曹操といった決起系の妨害計略を持つライバルが揃っている。
計略効果だけ見れば憂国の謀略の方がそれらのライバル(国力3時を除く)より強力なのだが、
他の決起系で事前に国力を上げる必要がある上に、国力を消費してしまう性質を持つ憂国よりも
特に使用条件を問わない決起系妨害の方が単純に扱いやすく、後半に向けて国力を貯めつつ時間を稼ぐ戦略を取りやすい。
同時に登場した軍師の自分が優秀であることもあり、使用率は振るわないのが現状。

Ver3.59_2_Aになり、復興戦法等の調整で少しずつ安価で国力を溜める事が出来るようになってきつつある。
R盧植がランキングするなど、憂国系のデッキにも少なからぬ追い風が吹いているのは間違いのない所である。
全国で見かける事はほとんどないが、甘く見ると痛い目にあうカードの一枚であることを覚えておきたい。

フレーバーテキストの文を見る限り、どうにも憂国と言う言葉が似合わない性格なのは気のせいではあるまい。

Menu

最新の20件

2019-07-19 2019-07-18 2019-07-17 2019-07-16

今日の20件

  • counter: 58091
  • today: 1
  • yesterday: 2
  • online: 25