カードリスト / 第4弾 / / 王元姫(主人公印刷)


武将名おうげんき印刷所社長
王元姫「私が使える
  たった一つの魔法です!」

司馬昭の妻。8歳で詩論を暗記するなど才知に長け、本の複写から資金の管理まで一手に担い人々を助けたという。時には即売会と言う名の戦場に立ち、戦士たちの指揮も執ったとされる。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力2 知力4 征圧力2
官職-
特技伏兵 魅力
将器知力上昇
計略主人公印刷武力と知力と征圧力が範囲内の最も武力の低い敵と等しくなる。さらに自軍の覚醒ゲージが上がる
必要士気4
Illustration : 深山靖宙Character Voice : 花守ゆみり


元ネタは魔法使いの印刷所より、紙谷美香。

計略は、自身の武力と知力と征圧力を範囲内の最も武力の低い敵の数値と同じにし、覚醒ゲージが50%上昇する。
範囲内に敵が居ない場合でも覚醒ゲージは上昇する。
範囲は自分中心円でカード3枚分くらい。最も武力の低い敵が対象なので、敵が大勢押し寄せてきた場合は使うのが難しい。
効果時間は11.7c、知力将器覚醒時で13c、知力依存0.4c(Ver.2.6.0E)。

超絶強化の対抗策となりそうだが、弓兵なので高武力になっても敵をバッタバッタと倒すのは難しい。
フィールドの真ん中やマウント時に使っても、倒せなかった相手はさっさと城に逃げ込む事が多い。
高武力の馬なら構わず突撃してくる事もある。防衛戦なら使いやすい。
又は相手の超絶強化が思う存分暴れてしまい、超絶強化を倒して自分だけが残ってもできる事は限られる。
超絶対策として考えると晋には賈午がおり、彼女を押しのけるには力不足なのが現状。
こちらの強みは士気4と軽く効果時間が長めであること。1コストで使える左慈だと割り切って乱戦を挑むのも手。
加醒計略なので覚醒軸デッキにおける序盤の守備の一手として使うのが無難。

登場バージョン

Ver.2.5.1D (第二十三回大戦スタンプキャンペーン)

修正履歴

Ver.2.6.0E 効果時間延長 8.3c→11.7c

Menu

最新の20件

2020-09-26 2020-09-25 2020-09-23 2020-09-21 2020-09-20 2020-09-19

今日の20件

  • counter: 25300
  • today: 10
  • yesterday: 21
  • online: 47