カードリスト / 第4弾 / 群雄 / 張梁(大猩々戦法)


武将名ちょうりょう復活の黄巾
張梁「腐敗した世に、
  黄巾の旗を掲げるのだ!」

黄巾賊の首領・張角の末弟。「人公将軍」と称して各地で反乱を起こし、官軍を苦しめた。長兄の張角が病死すると、その遺志を引き継いで戦ったが、張角が病死したことで勢いづいた官軍を止めきれず、斬殺された。
コスト1.5
兵種歩兵
能力武力6 知力1 征圧力2
官職武官
特技攻城
将器攻撃力上昇 兵力上昇 攻城術
計略大猩々戦法武力が上がり、兵力が上限を超えて回復する
必要士気5
Illustration : 牧野卓Character Voice : 三宅健太


牧野卓氏が手掛ける元祖ゴリこと張梁が帰って来た!

相変わらずの歩兵だが、コストは1.5にグレードアップ。2枚目の張梁が登場したのは全シリーズで初。
武力はコストとしては十分な6、征圧力も2確保しているが、知力は安定の1なのはご愛敬。
どうしても攻城役になりやすい歩兵なので、特技攻城も嬉しいところ。
しかしスペックを盛られがちな歩兵としては、1コスの自分が武力5なのもあって寂しい数値と言わざるを得ない。
将器に攻城術があるが、残念ながらVer.2.5.0Aで従来の2/3まで効果が落ちてしまっているのが悩みか。

計略「大猩々戦法」は張梁らしく回復計略。ちなみに大猩々とはゴリラの事である。
ゴリゴリ言われてたら遂にゴリラ戦法を持たされてしまった
武力が+5され、更に兵力が上限を超えて200%回復する。
兵種もコストも違うが、蜀の陳到が持つ不撓不屈とほぼ同じ内容の計略で、あちらより武力上昇量と回復量で勝る。
あちらも素のスペックは寂しいと言わざるを得ないものなので、そういうところでも似ていると言える。

とはいえ、撤退寸前の状態で使用しても体力真っ白になるのは圧巻。
攻城力も、壁でもおよそ内乱1発分は持って行くため無視もしずらい。
計略を使うと、相手はたとえ呂布でも無士気ないし1枚で城無傷で処理することは難しい。
相手に連続突撃や連続槍撃などのカード操作や対処に複数部隊を割くことを強いる一方、
こちらは計略使用後は張梁を気にすることなく他のカード操作に集中できるので、
士気効率だけでなく盤上のその他の場所での有利も取れる。
歩兵ではあるが、絶対無視を許さないカードとなっている。