カードリスト / 第4弾 / / 丁原


武将名ていげん けんよう
丁原 建陽「怖気づいてんじゃねえ!
  気合入れろやオラァ!!」

呂布の養父で、騎射を得意とした。何進の呼びかけで洛陽に召し寄せられ、執金吾となる。しかし何進が死ぬと、都を我が物とする董卓と敵対。董卓配下・李儒の謀によって、養子の呂布に殺され、呂布とその配下たちは董卓軍に吸収された。
コスト1.0
兵種騎兵
能力武力3 知力2 征圧力1
官職武官
特技攻城
将器攻撃力上昇 速度上昇 同盟者
計略一番槍武力が上がり、効果終了時に自軍の士気が上がる
必要士気3
Illustration : いちげんCharacter Voice : 江越彬紀


前作よりコストを下げて再登場となった呂布の養父。
呂布の裏切り人生の最初の犠牲者として名が挙がる人物である。

武闘派1コスト騎馬としてはやや知力が低い点が気になるが、代わりに城特技を持つ。
元々の攻城力がすずめの涙なのであまり有り難みはないが、副将器に城城を選べばいくらか効果を実感できる。
将器は攻撃力上昇と速度上昇があり割と優秀だが、征圧力上昇がないのが玉に瑕か。

計略の一番槍は鮑信や張バクが持つものと同一だが、この二人より知力が低いため、士気が返ってくるのが早い。
老師の布石と組み合わせる場合はこの回転率がメリットになり得るだろう。
ただし、ダメージ計略などによる士気丸損のリスクと紙一重である点には注意。