カードリスト / 第3弾 / / 荀イク(英知の大号令)


武将名じゅんいく ぶんじゃく王佐の宰相
荀彧 文若「殿の威光は波紋となって
   やがて四海へ届くでしょう」

曹操が一太守だった頃から軍政両面で支えた宰相。「王佐の才」と称された逸材で、長きにわたって曹操と漢朝のために貢献し続けた。晩年は漢への保守的な姿勢から曹操と意見が割れ、憂いの内に病死、あるいは自殺したという説もある。
コスト2.0
兵種槍兵
能力武力5 知力9 征圧力3
官職文官
特技伏兵 魅力
将器兵力上昇 長槍術 速度上昇
計略英知の大号令魏の味方の武力が上がる。この効果は対象の知力が高いほど大きい
必要士気6
Illustration : 黒葉.K


今回のイク様は過去作にて曹操が持っていた計略を得ての参戦。レアリティも待望のSRで登場。

数値スペックは今までの同名カードと同じく低く、1.5コスト並の水準。
同名カードで高知力を生かせる待望の伏兵を持っているのは嬉しい。
後述の計略で組むことが多いだろうと思われる軍師達と強力な伏兵を並べられる。
ただ2コスト武力5槍と言う大きいディスアドバンテージを覆せるほどではないため過信は禁物。

英知の大号令は知力参照の号令。
各対象の発動時点での知力に応じて武力上昇値が変化する。荀彧の知力ではない。
知力5が+3、知力6が+4、知力7が+4、知力8が+5、知力9が+6、知力10が+6、知力12が+7、
上限については要検証だが、知力17で+10(知力将器+征知の郭嘉で、武力4から14)を確認。
効果時間は素の状態で9c、知力14で10c(Ver2.0.0A)。主力号令としては長い方。
知力依存は存在するが、知力上昇で効果自体が向上する都合で、かなり短め(0.5秒/知力1)。

問題は、魏のデッキパーツが持つ知力と武力上昇値が割とアンマッチである点。
単純に士気6の号令として見る場合、武力上昇は出来れば+5は欲しいところだが、
それが得られる知力8以上の武将でコスト相応の武力を持つ魏の武将は各曹操名義や郭淮、何晏など数人しかいない。
上記の面々を外すとそれだけデッキの総武力が低めになり、
下手をすると覇者の求心デッキに仕上げた方が通常時も号令時も総武力が上になるということもあり得る。
素の知力での使用が効果的なデッキは限られると言っていい。
魏のバランス型スペックのカードは大抵征圧力が低いことも悩みで、
荀彧の征圧3で総征圧こそカバーできても、実戦での塗りが弱くなるということも。

しかし知力参照であるということは、知力を上げる計略などとコンボさせることが可能であるということで、
知力上昇を経由することで、武力知力が大きく上がった部隊で攻め上がる事ができる。
デメリットなしで知力も上がっているので、漢鳴の大号令や桃園の誓いに比して妨害・ダメージ計略耐性も高く、
城際で万全の状態で使えば相手の使える対抗策はかなり限られる。

コンボする相手の最有力は楊阜の「征知の教え」。
知力+5の修整は、英知に繋げた時更に武力が2-3上昇するため士気3に対し費用対効果が大きい。
しかし知力3から8に上げた場合、武力修整は+2から+5に留まるため、やはり素の知力は高いほどよい。
知力6であれば、知力11まで上がり、武力修整は素で+4、教え後で+7と実用的数値になるのでお勧め。
極めて前のめりに構築したい場合、知力自慢の名軍師や政治家勢を採用し、
征知の教えに知力玉の付いた魏軍の大攻勢などの法具まで被せてのファイナルアタックを狙うのも一手。
フルコンした時の威力は、その長めの効果時間もあり圧巻。
ワンチャンスでの城ゲージ100%奪取も十分あり得る破壊力を叩き出せる。

コンボ前提にするとワンチャンス狙いのデッキになるので、
その形を作ることと、そのワンチャンスで奪ったリードをいかに守るかを考えてデッキを組みたい。
この計略での効果前提のデッキを組むとデッキ総武力が悲惨になりやすく、通常の戦闘で苦しくなるため
あくまでもバランスを重視してデッキを考えたい。

修正履歴

Ver.2.0.0C 効果時間延長 9c→
       計略範囲拡大