カードリスト / 第3弾 / / 祝融


武将名しゅくゆう炎の狩人
祝融「人も獣も変わらない。
     どっちも私の獲物さ」

南蛮王・孟獲の妻。自らを火の神の末裔と称した飛刀の使い手。男顔負けの腕前であり、蜀軍との戦いでは一騎打ちの末、張嶷と馬忠を捕らえた。しかし諸葛亮の策により捕らえられ、孟獲が七度捕らえられると、夫と共に臣従を誓った。
コスト2.5
兵種象兵
能力武力8 知力6 征圧力2
官職-
特技勇猛 魅力 攻城
将器兵力上昇 攻城術 弾き強化
計略火神降臨【岐略】(計略発動直後にを押す事で追加効果を選択できる)
武力と移動速度が上がり、震撃が使用可能になる。
【震撃】(象兵オーラ中にカードを回転させると発動する。発動後、一定時間後に再度震撃可能状態になる)震撃を当てた敵に武力によるダメージを与える
緋略>震撃によるダメージが上がる
蒼略>震撃の範囲が拡大し、発動間隔が短縮される
必要士気7
Illustration : 寺澤隆徳


祝融の二枚目は蜀の象兵として登場。群雄の時とは夫とコストが逆転している。

何と歴代三国志大戦で初の2.5コストかつ武力8の女性武将
スペックは2.5コストとして平凡だが、勇猛・魅力・攻城と3つの特技を備えている。
将器はどれも象兵としては無難で使いやすい。
特徴的な点としては特技攻城&将器攻城術持ちは全体で8枚しかおらず、その中で最高コストとなる。(ver2.0.1B)

計略「火神降臨」は群雄時代同様、震撃を使用可能になる強化。但し、こちらは岐略。
基本性能は武力+6・移動速度1.5倍で槍に刺さる速度になる。
緋略だと震撃の威力が上がる。こちらは火力重視の効果となっている。
蒼略だと震撃の威力こそ上がらないものの、範囲の半径が約2倍になり、発動間隔も半分になる。
こちらは火力ではなく、手数を重視した効果となっている。
なお、岐略でそれぞれ効果時間が違い、緋略は11.7C・蒼略は14.1C(Ver2.0.1B)。
ちなみに知力依存は0.8Cと超絶強化としてはまあまあ。

通常の効果時間内の場合、緋略で震撃を入れられる回数はいいところ3~4回。
ただ威力が上方修正の影響で凄まじい事になっており、何と固定値が40%である。
つまりどれだけ武力に差が付こうが、防護計略で硬くなっていようがダメージ40%が保証される。
なお、最大ダメージは武力6以上の差が付いた時でダメージ60%。生半可な武力だと2発喰らえばほぼ沈む。
ただ効果範囲がそれなりで、撃てる回数も少ないため乱戦されてのキャンセルは非常に痛い。
士気7ということもあり、非常にハイリスクハイリターンな超絶で、こちらの方が群雄の自身に近い。

逆に蒼略の方は範囲が下手な号令並みの広さなので、当てるだけでなく他部隊を巻き込むことも容易。
効果時間中に10回震撃を打てることもあるのだが、その分威力は低く自身と同武力の相手でも10%程度しか削れない。
武力2相手でも大打撃のエフェクトが出ない程なので、つまりはそういうことである。
効果範囲は広くても、相手が号令などを撃って強化された場合は大したダメージは入らないので、
回数と効果範囲でダメージを稼ぐことになる。
範囲が広いので発動中の乱戦で進撃がキャンセルされにくいので嬉しく、緋略に比べて非常に堅実な効果。

どちらの効果も無難な性能であるものの、士気7という重い士気を払うため使うかどうか、どちらが有効かをしっかりと判断したい。
これも白銀の獅子同様、武力だけ見ると大したことはないので、費用対効果は震撃が当たるかどうかに尽きる。
登場当初以降はあまり士気7払うに見合わず、どうしても他の優秀な武将に隠れていたのだが、
Ver2.0.1Bの上方修正で遂に覚醒する事となった。

修正履歴

Ver.2.0.0C 【緋略】震撃範囲拡大
Ver.2.0.0D  武力上昇値増加 +5⇒+6
Ver.2.0.1B 【緋略】効果時間延長 →11.7c
       【緋略】再度震撃可能になるまでの時間短縮
       【緋略】震撃によるダメージ増加
       【緋略】震撃によるダメージ最大値増加 →60%
       【蒼略】効果時間延長 →14.1c
Ver.2.1.0A 【緋略】効果時間短縮 11.7c→