カードリスト / 第3弾 / / 胡烈


武将名これつ げんぶ破獄の烈将
胡烈 玄武「俺を閉じ込めるこたぁ
      できねえぞ!!」

胡奮の弟で、胡淵の父。諸葛誕の乱に呼応した呉軍を撤退させ、武名を上げた。蜀討伐では鍾会軍の先鋒を務めたが、後に独立を図った鍾会に監禁される。しかし獄中から偽の情報を流布し、息子たちに討伐軍を挙兵させ、乱鎮圧に導いた。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力8 知力5 征圧力1
官職武官
特技-
将器速度上昇 征圧力上昇 突破術
計略武人の心得晋の味方の武力が上がる。自身より武将コストの低い味方はさらに武力が上がる
必要士気6
Illustration : 西野幸治


逸話のせいで檻をぶち破るイラストにされてしまった胡烈。

晋軍無特技勢の例に漏れず、スペックは8/5と2コス騎馬としては最高峰。
その代償として征圧力1だが贅沢は言ってられないだろう。
将器は騎馬と相性が良い速度上昇・低めの征圧力を補う征圧力上昇と優秀な物が揃っている。
速度が上がるわけではない為突破術は微妙。

計略「武人の心得」は晋軍限定の号令。
通常は武力+4だが、対象のコストが自身未満であった場合は更に武力が+2される。
効果時間は7.1cと号令としては若干短め(Ver2.1.0C)。

条件こそあるものの、士気6を使う号令としては破格の効果を持つ。
2.5コストの数が少なく、2コストもそこまで数多く入れられない晋軍デッキとの相性は悪くない。
自身の武力が+4止まりなのが少々残念か。

欠点としては覚醒ゲージ絡みの計略ではない為、覚醒軸のデッキとはあまり相性が良くない事。
覚醒軸のデッキでは序盤で覚醒に関係なく士気6吐くのは致命的なので、どうしてもサブ号令扱いになる。
逆に覚醒が少な目〜覚醒に頼らないデッキであれば十二分にその効果を発揮できる。
本人のスペックもかなり良い為、号令に頼らずともスペック要員としての活躍にも期待できる。

登場バージョン

Ver.2.0.0A

修正履歴

Ver.2.0.1B 効果時間延長 6.7c→7.1c