カードリスト / 第2弾 / / 張虎


武将名ちょうこ武の継承
張虎「神速の馬術ってもんを見せてやる!」

魏の名将・張遼の子。父の功績を讃えられ、漢の二十等爵における十九番目の「関内侯」に封じられた。後に偏将軍にまで昇進し、曹真の指揮下で蜀の諸葛亮を相手に楽綝と協力して前線で戦った。
コスト1.5
兵種騎兵
能力武力6 知力4 征圧力1
官職武官
特技-
将器攻撃力上昇 速度上昇 攻城術
計略魏武の敢撃武力が上がる。さらに弓兵から受けるダメージが減少し、矢による妨害効果を受けなくなる
必要士気4
Illustration : 碧風羽


張遼の息子が大戦初登場。

一応コスト比最高武力ではあるものの似たスペックが張郃・曹洪と並んでおり、他にも1.5騎馬は多く居るので枠争いが激しい。
しかし参戦時点では唯一将器攻城術を持っており、ここが独自性となる。
但し、Ver1.2.0Dの調整で騎馬の攻城力がガッツリ下げられた為、あくまでも独自性である点に注意されたし。
他の将器も騎馬との相性は悪くない為、そこはデッキとの相談になるだろう。

計略「魏武の敢撃」は王双の持つ物と同じ。
武力+2が45C続き、また麻痺矢や武力低下といった弓による妨害効果も防げる。
長時間を活かした立ち回りはもちろん、対麻痺矢号令戦では突撃を好き放題出来るためかなり優位に立ち回れる。
王双のそれが苦手な弓への対策ならば、こちらは元々持つ騎馬としての優位性を更に高めるための計略。
ただ計略を使ったところで武力8である為、いくら弓に更に強くなるとは言え無計画に突っ込むと蜂の巣にされる為注意。

問題は魏と言う勢力自体がそこまで対弓に困らないという点か。