カードリスト / 第2弾 / / 王双


武将名おうそう
王双「グルル・・・・・・ドッゴーラッ!!」

魏の武将。武勇に優れた猛将で、流星鎚と呼ばれる鎖の先に金属球を付けた武器を使いこなした。その武器を知った魏帝・曹叡は王双を虎威将軍に任命。先鋒として蜀軍と戦ったが、諸葛亮の反撃に遭い戦死した。
コスト2.0
兵種槍兵
能力武力8 知力3 征圧力1
官職武官
特技攻城
将器長槍術 突破術 募兵
計略魏武の敢撃武力が上がる。さらに弓兵から受けるダメージが減少し、矢による妨害効果を受けなくなる
必要士気4
Illustration : ヨシモト


演義では曹真の部下となった派手な逸話を持つ豪傑だが、演義での曹真の役柄に引きずられてやられ役になってしまう武将。

スペックは勢力によっては脳筋と言われる部類だが、魏の槍兵の中でかなり優秀。
とりあえず中知力程度の伏兵なら踏んでも即死にならない最低限の知力にコスト比高武力、
更に特技攻城と後述の有用な計略と典韋が涙目になる高コスト槍に欲しいものを取り揃えている。

魏武の敢撃は長時間の強化計略で武力+2を約32c持続させるもの(Ver1.1.0A)。
また弓兵の乱戦、弓攻撃によるダメージを軽減し、一部例外もあるが矢の妨害効果を無効化する。
無効化するのは麻痺矢、弱体弓、鳥丸流弓技による征圧力低下、攻城時の横弓によるゲージの速度低下無効など。
蒋欽の川賊の破弓など「撃破した敵」に効果がある計略は王双撤退(つまり計略効果終了)後に効果が入るため無効化できない。
また、弓だけの効果をイメージしがちだが零距離戦法などの乱戦ダメージも大きく減ることも覚えておきたい。

単純に士気漏れ対策にも使える長時間強化だが、足の遅い槍兵のため効果時間を生存させることは難しい。
基本は弓対策に働いてもらうことになる。
単純に弓が多いデッキには前に出してダメージ軽減効果と合わせ、騎兵のような弓集めも担当し、後続のラインを上げられる。
妨害効果のある弓計略の場合は自由に動ける彼で一気に乱戦をしに行きたい。
彼を乱戦させて弓を撃てなくするか彼の乱戦を避け移動し弓が撃てなくなるかで、どちらにせよ弓は封じられる。
とにかく号令のない弓多めのデッキや単体の弓強化には非常に強い。

だが元々魏は弓兵をあまり苦手としない勢力なので計略に有用性を求められるかはやや心許ない。
蜀にいれば間違いなく活躍の場は多かっただろうが、お国柄弓対策ができる槍兵が有効かはデッキに左右される。
さすがに弓に強いとはいっても、麻痺矢の大号令など武力強化された斉射を一身に食らえばすぐ落ちる。
過信は禁物なのだが騎兵の数を減らした槍馬で組んだデッキでは重宝することも多い。
特技攻城と合わせて攻城を取りに行く号令のデッキパーツに非常に適したカード。