カードリスト / 第2弾 / / 呂範


武将名りょはん しこう
呂範 子衡「ククク」・・・・・・焦って飛び出さぬよう。
   彼を除くのは、もう少し先です」

孫策が信頼を寄せた側近。孫策が若い頃から仕えて、孫家の勢力拡大に貢献した。孫策亡き後は、周瑜らと共に孫権を補佐。劉備と孫尚香の婚礼の際には、劉備を留め置き暗殺を進言するなど、油断ならない人物であった。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力1 知力8 征圧力2
官職文官
特技伏兵
将器兵力上昇 遠弓術 突破術
計略火計敵に炎によるダメージを与える。ダメージは互いの知力で上下する
必要士気7
Illustration : Ghe


周瑜らと共に孫策の快進撃を支え、その後も孫呉に尽力し重用された気鋭。
カード的には表裏から運用方法までひっくるめて完全に謀略家そのもののイメージ。
先鋭的な職人気質の好人物と思われるのだが……演義(そして過去作)の影響は大きいか。

高い知力から繰り出される伏兵と火計は強烈の一言。
開幕は伏兵+伏兵処理を狙い、中盤からは裏の手としてダメージ計略を敵に意識させられる。
さらに征圧力が将器無しのデフォルトで2と高いのもポイントで、手持無沙汰になる事は絶対に無い。
たった1コストでこの3つの武器を得られるのは実は非常に希少、かつ大きなアドバンテージである。
コスト1の武将カードとして必要な要素をほぼ完璧に含んだ完成度が高い一枚である。

仕事の多さと貧弱な武力のダブルパンチでアッサリ退場する危険を常に孕んでいる点は要注意。
コスト1弓にあるまじき忙しさこそあるが、初心者から上級者まで幅広くお勧めできる1枚だろう。

Ver1.2.0Dで火計そのものに弱体が入り、ほかの火計持ちは酷いとばっちりを受けてしまった。
彼だけは知力3の殆どを焼き切る火力を残したため、今も変わらず高い使用率を誇っている。
ただし宝具知知に頼っても知力7を一撃で退場させる事は出来なくなったので、奇襲の際は注意。

修正履歴

Ver1.2.0D 与ダメージ・範囲減少