カードリスト / 第2弾 / / 袁紹


武将名えんしょう ほんしょ河北の覇者
袁紹 本初「天下が余の勝利を望んでおるのだ!
   無駄な抵抗はやめよ、孟徳ッ!」

名門・袁家の出身で、曹操とは幼馴染。都を混乱させた董卓が死に、群雄割拠の時代になった後は名だたる名士を配下にして、河北に強大な勢力を持った。同じく天下に号令せんとする曹操と官渡で激突。天下分け目の戦いを繰り広げた。
コスト2.0
兵種槍兵
能力武力7 知力6 征圧力2
官職武官
特技魅力
将器兵力上昇 士気上昇 募兵
計略栄光の大号令漢の味方の武力が上がる。この効果は自軍の士気が多いほど大きい
必要士気7
Illustration : lack


河北の雄、袁紹が他の英雄達から遅れて初登場。

スペックは非常に平均的なコスト2武将のものだが、号令持ちにありがちな低武力は回避している。
同じコスト2槍の英傑号令持ちの劉備の大徳の劉備と武力と知力の数値が逆になっているのだが、
その分特技から復活が削除され、魅力のみになっている。
計略を使用するタイミングが非常に難しいので、低武力でも復活があった方が使いやすかったかもしれない。

栄光の大号令は、自軍の士気を参照して武力が変動する号令。
武力の計算値は自軍の士気-4か。士気12で打てば武力は+8される。効果時間は約8c。(Ver1.1.0A)

士気7の大型号令であることを考えれば、武力上昇は最低でも+6は確保したいところ。
つまり士気9以下の時にこの号令を撃っても全く費用対効果に見合わない。
また、仮に士気があってもこちらがラインを上げていない時に打てば攻城は取れず、
計略の仕様上、連打では攻められないため一度使えばまた使うタイミングを計ることになる。
最大効果の全体に武力+8は破格だが、それを如何に上手くマウントを取った状態で使うかに全ての問題が集約される。

幸い袁紹軍の武将は士気フローに優れた計略を色々と持っているので、それらを使って上手く士気を調整していきたい。
だが袁紹軍の武将達は非常に癖の強い性格をしたカードばかりでもある。
田豊、沮授など低武力や歩兵を採用すると、いくら号令で武力を上げても他の英傑号令などに押し負けてしまったりもする。
かといって顔良、文醜などの高武力だが低知力の武将ばかりで固めても、妨害やダメージ計略に止められやすくなり
なかなか一長一短なので、デッキ構築で弱点が分散するよう調整したい。

最大効果が強烈でも武力しか上がらない、そして連発はできないことから対策もされやすい。
また最大効果でも相手の同士気の計略を常に跳ね返せるような圧倒的さには欠ける。
赤壁の大火を食らえば袁紹も瀕死になり、かといってデッキが低武力に偏れば各種英傑号令と痛み分け程度でしのがれてしまう。
常に士気漏れを気にする必要もあり、守りでこの号令も打ちにくいため、留意点も非常に多く、
同勢力の漢鳴の大号令が非常に圧倒的なこともあり、やや影が薄い。
一応漢鳴の大号令と違い、上手く使えば1試合に最大効果で2回は撃てるので
ゲームプランに自信があるプレイヤーが使うと非常に強力な号令である。