カードリスト / 第2弾 / / 司馬徽


武将名しばき とくそう水鏡先生
司馬徽 徳操「よしよし、今日も良き日じゃ。
        ・・・・・・・・ふあ〜ぁ」

人物鑑定家。門下生に諸葛亮、徐庶らがいる。高名な知恵者で、天下の情勢に詳しかったが、政治に関わろうとはしなかった。誰に仕えることもなく隠遁生活を送っていたが、伸び悩んでいた劉備に伏竜・鳳雛こと諸葛亮と龐統の存在を伝えた。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力2 知力8 征圧力1
官職文官
特技伏兵 漢鳴
将器知力上昇 士気上昇 同盟者
計略水鏡の教え【漢鳴】(漢鳴レベルにより効果が変化する。特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がり、自身の漢鳴レベルが下がる)
味方の知力が上がる 漢鳴2以上:さらに征圧力が上がる
必要士気4
Illustration : 松野トンジ


「好々」という口癖が有名な仙人のような人物。本名より水鏡先生という異名が有名か。
「2」までは他軍、「3」では蜀軍で参戦していたが本作ではなんと漢軍所属。めまぐるしく変わりすぎである。
一応、軍師カードも含むのであれば漢軍所属のカードもあったのでおかしくはない。

スペックは1コストにして2/8/1伏兵とかなり優秀。
序盤に弱い漢軍を支える伏兵を持ちながら武力1を回避している点は評価に値するだろう。
とは言え漢軍の1コストはかなりの激戦区である為、基本は計略目当ての採用になるか。
将器はどれも無難気味。計略は勢力限定無しながら漢鳴なので同盟術はやや使いにくいか。

計略「水鏡の教え」は味方の知力を上げる号令。
知力は漢鳴レベルごとに3→4→6→9と上昇。
漢鳴レベル2で征圧力+1、レベル3で征圧力が+3される。効果時間18c。知力覚醒で22c。(Ver2.1.0B)。

漢鳴レベル0から1の費用対効果は非常に悪い。
レベル2で何とか有用だが、魏で征知の教えが士気3であることを考えるとこれでも士気4の効果としては低め。
レベル3はさすがにかなり高い効果だが、戦闘力が全く上がらない計略をレベル3にしてまで使う場面も限られる。
いくら高い征圧力がついても、馬謖などの士気ブーストを使わない場合レベル3で撃てる頃には試合終盤に差し掛かっており
そんなに悠長に征圧戦を始めている余裕はない。

基本的には号令のサポートとして使うべきだろう。
どうしても先撃ちが必要なため栄光の大号令は組み合わせられないので、漢鳴の大号令が本命。
レベル3に上げて水鏡の教えを撃ち、漢鳴の大号令の強烈な武力で勝負をつけに行くか
レベル2から水鏡の教え→天の鼓動→漢鳴の大号令とつなぐかが現在の使用法になる。
漢鳴の大号令の場合、知力まで上昇し計略時間が伸びる上、妨害耐性まで上がってしまえばほぼ無敵なので
知力が上がることは大きな意味がある。

だがこの計略に一回士気を回す分、戦闘で後手に回り守城に使える手を放棄することになる。
撃つタイミングが難しい漢鳴の大号令で、試合終盤に後手に回っているともう攻め上がる時間がないことも多い。
攻めの爆発力を上げる分守りをやや薄くするデメリットが生じるので、採用は計画的に行いたい。
幸い本人のスペックが計略を使えなければ邪魔になるようなものでもないので
使えそうならコンボを狙うくらいの気持ちで採用しておくのもいい。