カードリスト / 第2弾 / / 皇甫嵩


武将名こうほすう ぎしん漢の傑士
皇甫嵩 義真「漢の命運を守るため
   この身、すべてを捧げん」

後漢の勇将。黄巾の乱では波才を破り、張梁らを討ち取り、張角の首を取るという目覚ましい活躍を見せた。後に董卓が実権を握ると、かつて対立していたため誅殺を企まれるが、その潔い態度で董卓を感服させ、命を永らえた。
コスト2.0
兵種槍兵
能力武力7 知力7 征圧力1
官職武官
特技勇猛 魅力 漢鳴
将器攻撃力上昇 兵力上昇 征圧力上昇
計略漢鳴の大号令【漢鳴】(漢鳴レベルにより効果が変化する。特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がり、自身の漢鳴レベルが下がる)
漢の味方の武力が上がる 漢鳴3:さらに兵力が回復する
必要士気6
Illustration : 西野幸治


漢軍きっての名将なのだが、演義では曹操や董卓のせいでその活躍を奪われてしまった哀しき将。
しかし三国志大戦では正史準拠で、その名将らしさを如何なく発揮する。

漢鳴デッキのキーカード。
2コストとして7/7は平均的だが、代わりに号令持ちとしては嬉しい魅力・不意の一騎討ちに強い勇猛持ち。
将器はどれも皇甫嵩のスペックと上手く噛み合っている。
一方で特技が揃い過ぎているのか、はたまた計略が強すぎるのか征圧力は1止まり。
総括すると、漢を代表する将軍の面目躍如と言ったところ。

計略「漢鳴の大号令」は漢鳴レベルを参照した全体号令。
武力上昇はそれぞれ+3(レベル0)・+4(レベル1)・+6(レベル2)。
そして漢鳴レベル最大で打った場合は武力+9され、更に兵力約4割回復のオマケが付く。
効果時間はレベルに関係なく約7.5c(Ver1.1.0B)

最大効果は圧巻で、並の英傑号令なら踏みつぶしほぼ無敵といえる全軍での攻勢が可能。
効果終了後のデメリットが薄いため(漢鳴レベルの低下)、天啓の幻以上の圧倒的な戦闘力を誇る。
しかも、兵力回復があるので多少強引にラインを上げる事もでき、城際で打ってしまえば相手は士気を全部吐いても無傷では済まない。
前半に耐えて後半の大攻勢で一気にまくる展開で、一回の攻めで城ゲージ100%奪うことも十分あり得る。

皇甫嵩自体が征圧以外は文武両道のスペックを備え、一騎打ちで落ちにくい勇猛も持っており
ダメージ計略も踏みとどまれば兵力も回復されてしまうので発動自体の阻止はなかなかに難しい。
ただ、漢鳴の仕様上、最大効果を発揮する為の下準備として他の武将で漢鳴ゲージを溜める必要がある点には注意。
特に号令である以上士気消費はそれだけ重く、この計略を発動する為に総計18もの士気を吐かなければならない。
特に序盤〜中盤で押し切るタイプのデッキ相手の場合、号令を使う前に落城もありうる。
漠然とした動きを取るのではなく、如何に漢鳴ゲージを溜めながら凌ぎ終盤反撃に入るかが、漢鳴デッキの肝である。
下準備さえしっかりすれば多少の妨害計略程度では止められず、相手に待つのは落城あるのみである。
初心者向けの様で綿密なプランが必要な、中級〜上級者向けのカード。

また同勢力の曹操の計略との重ねがけも強力で、2つの号令を漢鳴レベル最大で打てば
士気11で武力+14という破壊力抜群のデスコンボになり、この形になれば並の計略ではほぼ太刀打ちできない。
無論、両方の漢鳴レベルがMAXかつ士気11を一気に吐き出す為、長い下準備と士気無しで凌ぐ時間が出来る。
所謂浪漫コンボである。
欠点としてはキーカードの両者とも征圧1なので、組み方次第ではデッキ総征圧ランクCになりやすい事か。

余談だが、計略ムービーは漢鳴レベルに関係なく入るが、漢鳴2以下だと短縮版になり銅鑼を叩いた所でムービーが終わる(コンパチEXも同様)。

コンパチブル武将

Ver.1.1.5A EX(LE)皇甫嵩(復刻武将)

修正履歴

Ver.1.1.0B 効果時間短縮 8.3c→7.5c