カードリスト / 第2弾 / / 皇甫嵩


武将名こうほすう ぎしん漢の傑士
皇甫嵩 義真「漢の命運を守るため
   この身、すべてを捧げん」

後漢の勇将。黄巾の乱では波才を破り、張梁らを討ち取り、張角の首を取るという目覚ましい活躍を見せた。後に董卓が実権を握ると、かつて対立していたため誅殺を企まれるが、その潔い態度で董卓を感服させ、命を永らえた。
コスト2.0
兵種槍兵
能力武力7 知力7 征圧力1
官職武官
特技勇猛 魅力 漢鳴
将器攻撃力上昇 兵力上昇 征圧力上昇
計略漢鳴の大号令【漢鳴】(漢鳴レベルにより効果が変化する。特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がり、自身の漢鳴レベルが下がる)
漢の味方の武力が上がる 漢鳴3:さらに兵力が回復する
必要士気6
Illustration : 西野幸治


漢軍きっての名将なのだが、演義では曹操や董卓のせいでその活躍を奪われてしまった哀しき将。
しかし三国志大戦では正史準拠で、その名将らしさを如何なく発揮する。

漢鳴の大号令デッキのキーカード。
2コストとして7/7は平均的であり、号令持ちとして魅力・勇猛はどちらも嬉しい。一方で制圧力は1止まり。
将器は兵力か攻撃力が人気であり、制圧力は号令時に中心に居る事が多いため優先度が低い。

漢勢力の同コスト帯槍兵では知力が高く、漢鳴に頼らない栄光デッキ等ですらパーツとして採用されることも。

計略「漢鳴の大号令」は漢鳴レベルを参照した全体号令。
武力上昇は漢鳴レベルに応じて
レベルが0で+3、1で+4、2で+6。
レベル3なら武力+10され、更に兵力約4割回復。
効果時間はレベルに関係なく約7.5c(Ver2.0.0D)

計略に関してはレベル2以上で士気相応の効果を超えるが、レベル3での使用が基本。
万全の体制から放たれたレベル3漢鳴の大号令は城ダメージを100%奪えることも少なくない。
そのためこの計略を主軸としたデッキを組む事が基本的な採用理由となる。(上記通り例外もある。)

この計略は他の漢鳴計略主軸のデッキと同じく、どのように漢鳴レベルを上げるのかが肝となる。
漢鳴レベルが低いうちをどう凌ぐかは漢鳴レベルに依存しない計略、レベル0の漢鳴計略のどちらで対応するかはデッキを組む時点からある程度考えておきたい。

また、魅力や士気将器奥義の士気、漢鳴レベルを上げる際の士気消費から
この計略をレベル3で打てるカウントを覚え、攻めるタイミングを逃さないように運用する事が大切となる。
また、この計略と共に計略を重ねるのか、落城まで持っていけなかった場合にどう凌ぐかもプランニングしてデッキを組みたいところ。

余談だが、計略ムービーは漢鳴レベルに関係なく入るが、漢鳴2以下だと短縮版になり銅鑼を叩いた所でムービーが終わる(コンパチEXも同様)。

コンパチブル武将

Ver.1.1.5A EX(LE)皇甫嵩(復刻武将)

修正履歴

Ver.1.1.0B 効果時間短縮 8.3c→7.5c
Ver.2.0.0D 【漢鳴3】武力上昇値増加 +9→+10