カードリスト / 第2弾 / / 顔良


武将名がんりょう袁家の二枚看板
顔良「ふ、歯ごたえのない・・・・・・
  私に挑む猛者はいないのか!」

文醜と並び「二枚看板」と称される、袁紹配下の将軍。官渡の決戦の緒戦である白馬の戦いで先鋒を務め、魏続や宋憲を一撃で討ち、さらには援軍としてやってきた徐晃をも撃退した。同僚の文醜とは義兄弟の契りを結んだ戦友である。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力8 知力3 征圧力1
官職武官
特技勇猛
将器突撃術 城門特攻 攻城
計略先陣の誉れ武力が上がり、効果終了時に自軍の士気が上がる
必要士気5
Illustration : 前河悠一


袁紹軍の猛将・兄。
明らかに名前だけでイラストが文醜と差別されているが、これはSSQではなくもはや各媒体でのお約束。
勿論名前だけで彼がイケメンだったかは定かではない。

スペックは確かに武力はコスト比高めだが、低知力に征圧力1と寂しい。
一応勇猛は後述の計略にはありがたいのだが、それでも常にダメージ計略や伏兵には注意が必要。

先陣の誉れはただ武力が上がるだけの単純な強化だが、効果終了後に自軍の士気が+4される。
武力上昇は+4、効果時間は約6c。(Ver1.1.0A)

士気バックを含めて考えると、実質士気1で打てる強化戦法と考えてもらうとわかりやすい。
本人の武力が元々高いので、士気1で武力12になれるのは決定力はないものの戦場を荒らすには十分。
しかし、小覇王の蛮勇の制圧塗り替えと同じく、「効果時間終了時の付加効果」扱いであるため、
効果時間中に自身が撤退してしまうと士気は帰ってこない。
基本的に、武力上昇を相手に押し付け、相手計略を誘って士気差を作るか、部隊撃破で部隊差を作るか二択を迫っていく運用となる。
生存させられる自信がある場面なら、相手の強化計略に対応して使用し、被害を最小限に抑えつつ士気差を作っていくのもいいだろう。
いずれにせよ、効果時間中に撤退した場合、強化戦法の劣化版となるので注意。
ダメージ計略などを引き出して撤退すればまだいいが、迎撃や伏兵に遭うなど、相手の計略も引き出せず撤退した場合は
コスト2が落ちただけではなく、大きな士気差を相手に与える苦境を背負うことになってしまう。
先撃ちで荒らしていく能力が高いとはいえ、強引な突出はしないようにしたい。

生存させられれば士気対効果は非常に良いのだが、計略単体では並の武力上昇で効果時間も短く、
一気に戦局を変えるような爆発能力は持っていない。
あくまで、士気バックから後続する計略に繋げて初めて、大きな戦果を残すことができる部類。
大型の計略を狙う際に、タイミングが合わない時はとりあえずこの計略で士気漏れを止めて、
士気を無駄にせず攻めあがるなど、使い方次第で攻勢の維持を保つ事もできる。
主君の袁紹との相性はかなり良いほか、漢鳴ゲージ調整にも注意を払う漢鳴中心のデッキで、
サブ計略&総武力を固める際にも採用できそうである。