カードリスト / 第2弾 / / 逢紀


武将名ほうき げんと
逢紀 元図「謀り合い、騙し合うのに
 敵だの味方だの関係ねえよな」

袁紹配下の参謀。袁紹の旗揚げから策謀で助け、河北統一の基礎を築いた。一方で我欲が強く、田豊ら他の家臣について讒言することも多かった。袁紹軍内部をかきまわした末に、自らも袁家の内乱に巻き込まれ、袁譚に処刑された。
コスト1.5
兵種弓兵
能力武力4 知力8 征圧力1
官職文官
特技伏兵 防柵
将器兵力上昇 防柵強化 守城術
計略称誉の連環敵の移動速度を下げる。さらに対象の敵が撤退するたびに自軍の士気が上がる
必要士気5
Illustration : 玄丞


河北統一の功臣であり、官渡決戦の佞臣が他の袁家同様漢軍として参戦。
名前ネタなのかまるで箒の様な髪型をしている*1。ただし、1のような「典型的小物」というものではなくまともな顔つきである。

文官らしく知力偏重なスペック。但し通算4枚目の伏兵・防柵持ち。故に柵配置の仕様上、伏兵の初期位置は非常にバレやすい。
また、漢軍は防柵持ちが漢鳴持ちに偏り気味なので、彼が居場所になるであろう栄光デッキでは結構リスキーな所がある。
将器に関して、防柵強化を選ぶと逢紀の柵だけ見た目が変わるので、他の柵を重ねる等でごまかすという手法も取れなくなる。弓と相性が良い守城術が無難か。

計略は称誉版連環で、士気バックは1.5。ただし効果範囲が火計の様な縦長の長方形(カード3〜4枚分)になっている。時間もそこそこ長め。
同様の称誉計略を持つ沮授との違いとして、連環で敵を逃さず討ち取れるため士気バックが活用しやすいという利点がある。
計略の性質上1人でも撃破されると士気効率がよくなり、それを嫌って敵が号令を打てば同数の士気を消費させられる。
ただ範囲が縦長直線な点に加え本人が弓兵というのがネックで、多数の敵を巻き込むには自爆覚悟で突っ込まなければならない。
また移動速度を下げる連環の性質上武力は低下しないため、相手の兵力が十分だと士気バックを迎える難易度は沮授よりも高い。
移動速度が上がる超絶強化に対しては他の連環以上に無力(趙氏の計略「子龍の如く」の速度でも再突撃可能)であるため、例えば呂布をピンポイントで無力化させる用途には向かない。

現状、漢軍において漢鳴に頼らずに相手の速度を下げる計略はこれしかない。
特技の組み合わせが組み合わせである為扱いには多少慣れが必要になるが、単純に栄光デッキに連環が欲しければ十分選択肢になる。
一方で漢鳴デッキでは1.5コストのライバルが多い事、1コストに優秀な妨害が多い事から採用は難しい。

例によって義勇ロードでは士気バック計略として使え、称誉の弱計と重ねがけもできるのでバカ高い士気バックが見込める。
ただしワラワラが当然の義勇ロードで1.5コストに逢紀を割くリスクは多分にあり、
計略の性質上連続戦の大ボスには有効でない場合も多いのでその点は注意が必要。


*1 担当イラストレーター曰く、SEGAからの指定があったとのこと。