カードリスト / 第1弾 / / 閻柔


武将名えんじゅう
閻柔「おいらと一緒に
  大草原を駆け抜けようぜ!」

北方の異民族に捕らわれたが、彼らに気に入られ独立勢力を築いた人物。袁紹と協力関係にあったが、彼の死後、曹操の袁家征伐が起こると恭順。曹操や曹丕にも家族のように愛され、異民族と交渉役としても重宝された。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力3 知力4 征圧力2
官職武官
特技-
将器遠弓術 復活減少 守城術
計略征圧戦法征圧力が上がる
必要士気2
Illustration : 誉


魏におけるコスト1武闘派弓。
他の魏弓兵と比較すると、コスト比武力&征圧力の両立、
スターター武将にエラッタがかかった為、第1弾で征圧戦法を持つ2枚のカードの1枚というのが特徴。(もう1枚は呉の孫皎)
征圧戦法は征圧力+4が知力4で50cほど(Ver.2.0.0D)。士気2という軽さも魅力的である。

しかし、同コスト弓には、同じく武力3で守城術持ち、反計で強力な抑止力を持つ李典という、
武力枠としてもサポート枠としても小回りの効く強力なライバルがいる。
また、征圧の面についても、元々機動力に優れる魏勢力は、戦闘中の征圧塗り替えが得意であり、
開幕の征圧力の優劣以外では、弓兵の征圧力はさほど重要視されないというのも逆風か。

他のカードと明確な差別化を考えるなら、飛天デッキや悲哀デッキのような、
征圧低下のデメリットが生じるデッキでの、塗り役としてのポジションなどで活路を見出したい。
特にVer1.0.5Aで飛天の舞いの征圧力低下が-2に変更されたのは追い風である。
征圧要員としてコストの重い関羽や武力の低い司馬懿を入れるよりも手軽かつ現実的なので、彼の地位は上がったと言える、。
士気の軽さと効果時間の長さと速度上昇を生かしての内乱防止役に走り回ってもらう、弓らしからぬ役目を担いたい。
内乱ダメージを攻城で取り返せる可能性のある馬鈞と合わせて、飛天の舞いデッキでは活躍が期待できるカード。

修正履歴

Ver.1.1.0C 征圧力上昇値増加 +2→+3
Ver.1.1.5A 効果時間延長
Ver.2.0.0D 征圧力上昇値増加 +3→+4