カードリスト / 第1弾 / / 曹丕


武将名そうひ しかん魏文帝
曹丕 子桓「俺の道を遮るものは、
   天であろうと踏みにじる・・・・・・!」

曹操の三男。父同様に文武両道で詩才にも恵まれていた。父の死後、後継者争いに勝利すると献帝に禅譲を迫り、漢を滅ぼして魏皇帝に即位した。肉親や功臣の殺害を謀るほど冷酷だったが、性格とは反対に穏やかな治世を築いた。
コスト2.0
兵種弓兵
能力武力5 知力7 征圧力3
官職武官
特技魅力
将器兵力上昇 遠弓術 復活減少
計略魏武の継承者魏の味方の武力が上がり、征圧力が下がる
必要士気6
Illustration : 黒葉.K


魏の初代皇帝。
仮にも初代皇帝なのだが、そのスペックはコスト1.5並とかなり厳しい。何と戯志才に毛が生えた程度しかない。
特技も魅力だけとやや寂しい。
孫権(手腕)と比べると武力-1、柵の没収とスペックだけでは完全下位互換となっている。
一方で低スペックを補うと言う事か征圧力は3あり、自身の計略の効果中でもある程度の征圧力を維持出来る。

計略の魏武の継承者は魏武の強兵の号令版とも言える英傑号令。
その効果時間は凄まじく、何と武力+3が50cも持つ。ただし代償として征圧力が-1されてしまう。(Ver1.0.5C)
長時間攻勢をかけられる計略と征圧システムの相性が良すぎるため、致し方ないというところか。
効果範囲は自身中心の横長長方形だが狭く、5枚以上のデッキでは全部隊を範囲に入れるのはなかなか大変。
魏の騎兵の半数は征圧力1のため征圧が難しくなる。計略中は曹丕自身が征圧役となり、他の部隊は攻城やサポートに回る事になるか。
本人が弓である為後方から征圧領域を増やすと言う、通常の征圧戦術とは違う形になる点に注意したい。

まともなぶつかりあいでは父の覇者の求心などの英傑号令に押し負けるので、効果時間の長さを生かすことが重要。
効果時間を活かすには部隊を生存させることが重要。たとえ兵力が減っても自城で回復させる時間は十分ある。
この効果を軸に他の計略で強化を足していくことも重要でデッキ構築の幅も広い。
後方指揮神速戦法などを小出しに使うもよいし、覇者の求心とのコンボも視野に入る。
更に、一度この計略を使ってから曹丕を落とし復活してからなら重ねがけでの更なる強化が可能。士気12を使うが自身以外は武力+6が長時間続き非常に強力。
将器に復活減少があるので、再起を使わなくても現実的な選択肢になってくる。
しかし相手の号令や法具を重ねた攻めには武力負けする事も多く、強引にでも長時間押し込みたい時以外では、重ね掛けが本当に必要か慎重に判断したい。
征圧力の低下効果も重複するので、曹丕以外の征圧力が実質完全に0になった状態で長時間戦闘しなければならず、
使うなら大きく攻城が取れなければ内乱ダメージで簡単に相手にリードを奪い返されてしまう。

デッキを組む際には重ね掛けを使うか使わないかで相性のいい計略の方向性が異なってくるので、運用方法は二種類ある。
重ね掛けを狙わないのであれば、長時間強化を生かして上手く相手の攻めをしのぎ消耗させた後にカウンターでコンボをかけて攻め立てる運用。
なので後方指揮神速戦法などの上乗せは有効だが、重ね掛けをした場合はデッキの征圧力はほぼ0のため一方的に内乱ダメージが入る。
それを取り返すには後方指揮などではやや力不足になるため、重ね掛けではあまり適さないコンボになってしまう。
重ね掛けの場合は一回の攻めで落城まで持っていけるような大量の城ゲージを奪う攻めの爆発力や継続力が求められるため
援軍で武力⁺6を長く居座らせたり詩聖の号令でこちらの被害を止めつつ攻めを続けるようなフルコン運用の重要性が高くなる。
採用する場合、まずはデッキ構築の時点で一度掛けか二度掛けのどちらを主に使うかを決めてデッキを構築したい。

義娘の飛天の舞いデッキの強化にも、元々征圧が下がっているためデメリットがさほど関係なく、長時間の武力上昇と合わせると非常に強力。
ダメージ計略持ちなどがいて飛天の舞いが使いにくい相手でも、この計略メインにシフトできるためデッキ完成度もかなり高くなる。
その一方で妻の甄氏とは、生存させたい魏武の継承者と撤退武将を生む悲哀の舞いが完全にぶつかり合い相性は悪い。

ちなみに開幕から計略を何も使わずに士気12になった瞬間にこの計略を打っても自身に魅力があるため試合終了直前に効果が切れる。
重ねがけを狙う場合はデッキの魅力の枚数にもよるが最初の計略で1回目を打ち、そのまま早めに曹丕を落としてから、
次に士気が7〜8程度貯まる頃までに2回目を打てば、2回目の効果は試合終了まで無駄なく恩恵を得られる。